東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

西浦忠輝 NISHIURA Tadateru

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2003年度 (保存科学部)
(3 論文)石造および日乾煉瓦造建造物の保存修復調査 『エジプト学研究』別冊7 pp.45-52 03.9
(4 解説)遺跡・遺構保存の実例―石造物(臼杵磨崖仏)― 『地球環境調査計測事典』第2巻・陸域編② pp.917-919
 フジテクノシステム 03.4
(4 解説)ガンダーラ仏教寺院遺跡の保存 『文化財の保存と修復⑤―世界に活かす日本の技術―』 pp.83-92 ク
 バプロ 03.5
(4 解説)パネルディスカッション:世界の文化遺産の保存に日本の技術をどう活かすべきか 『文化財の保存と
 修復⑤―世界に活かす日本の技術―』 pp.83-92 クバプロ 03.5
(4 解説)Ⅱ.材料から見た文化財(10)人工材料 石膏 馬淵久夫、杉下龍一郎、三輪嘉六、沢田正昭、三浦定俊
 編『文化財科学の事典』 pp.178-179 朝倉書店 03.6
(4 解説)Ⅱ.材料から見た文化財(10)人工材料 石灰・漆喰 『文化財科学の事典』 pp.180-181 朝倉書店 03.6
(4 解説)Ⅲ.文化財保存の科学と技術(2)保存・修復の材料と技術 石造文化財の保存修復 『文化財科学の事
 典』 pp.233-236 朝倉書店 03.6
(4 解説)Ⅲ.文化財保存の科学と技術(2)保存・修復の材料と技術 接着剤と強化剤 『文化財科学の事典』 pp.263
 朝倉書店 03.6
(4 解説)Ⅲ.文化財保存の科学と技術(2)保存・修復の材料と技術 石造文化財の保存修復
 『文化財科学の事典』 pp.233-236 朝倉書店 03.6
(4 解説)保護、保存の世紀:日本が貢献できること―アンコール遺跡― 『国際交流』102 pp.61-63 04.1
(4 解説)Joint Research between APSARA and National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo;
 Proceedings of the Seventh Bayon Symposium, Siem Reap, Cambodia, pp.73-78, UNESCO, 04.2.
(5 学会発表)アンコール遺跡群のタ・ネイ遺跡における日・カンボジア共同研究(二神葉子、友田正彦、E. ダリ
 ット、M.ラ、S.ソフェアリン) 文化財保存修復学会第25回大会 京都造形芸術大学 03.6.7-8
(6 シンポジウム発表)質疑応答・討議コーディネーター 文化財保存修復学会公開シンポジウム
 『文化財の保存と修復(Ⅱ)―科学で探る先達の知恵―』 東京芸術大学奏楽堂 03.10.19
(6 座談会司会)「学会の70年―過去・現在・未来―」 文化財保存修復学会発足70周年記念講演座談会
 『学会70年の歩みとこれから』 東京芸術大学奏楽堂 03.10.18
(6 講演)世界の文化遺産の保護と日本の役割 NPO・文化財保存支援機構―第1回月例交流会 新宿文化センター
 04.2.29
(7 所属学会)文化財保存修復学会(運営委員)、日本文化財科学会、日本木材学会、
 マテリアルライフ学会、西アジア考古学会、The International Institute for
 Conservation of Historic & Artistic Works (IIC)
(7 委員会)International Council on Monuments and Sites (ICOMOS)、ICOMOS International Scientific
 Committee for Stone(Vice-president)、日本イコモス国内委員会(理事)、日本学術振興会審査会専門委員、
 九州国立博物館(仮称における諸機能検討に係わる指導助言者
2002年度 (国際文化財保存修復協力センター)
(2 報告書)『世界の文化財の保存―わが国による国際協力体制構築のための調査・研究―』 科学研究費成果報
 告書 450p 03.3
(2 報告書)Conservation of Wall Paintings in Asia; Proceedings of Ninth Seminar on the Conservation
 of Asian Cultural Heritage, 186p, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, 03.3
(2 報告書)西浦忠輝・二神葉子編『日本による文化遺産保存国際協力の現状と問題
 ―国際文化財保存修復研究会の事例から』 東京文化財研究所 03.3
(3 論文)アブシール南丘陵頂部遺跡石造建造物の保存修復調査 『エジプト学研究』別冊6 pp.18-21 03.3
(4 解説)地球規模の気候変動と歴史遺産 『文化財の保存と修復④』 pp.59-70 クバプロ 02.6.10
(4 解説)東南アジアの遺跡保存―タイ、カンボジアとの国際共同研究― 『月刊文化財』474 pp.21-24 03.3
(4 コラム)今月買った本はこれ! 『文化遺産の世界』6 p.26 02.10
(5 学会発表)タイ国スコータイ遺跡のスリ・チュム寺院大仏の保存修復(2)(石崎武志、チラポーン A.)
 文化財保存修復学会第24回大会 日本大学 02.6.15
(5 発表)ガンダーラ仏教寺院遺跡の保存と日本の技術 文化財保存修復学会公開シンポジウム
 「文化財の保存と修復―世界に活かす日本の技術―」 昭和女子大学人見記念講堂 02.10.26
(5 発表)パネルディスカッション:世界の文化遺産の保存に日本の技術をどう活かすべきか、
 文化財保存修復学会公開シンポジウム「文化財の保存と修復―世界に活かす日本の技術―」
 昭和女子大学人見記念講堂 02.10.26
(5 発表)Are Buddha Statues in Remains Living Heritage for Local Buddhist People? -
 Case Study on the Conservation of the Giant Buddha Statue at Sukhothai Historic Park in Thailand -
  (Chiraporn A.); Scientific Symposium of 13th General Assembly of ICOMOS, Madrid, Spain 02.12.3 188
(5 発表)Joint Research between APSARA and National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo;
  Seventh Bayon Symposium, Siem Reap, Cambodia 02.12.10
(5 発表)Joint Research between APSARA and National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo;
 Twelfth Technical Committee; International Coordinating Committee for the Safeguarding and
  Development of the Historic Sites of Angkor, Siem Reap, Cambodia 02.12.13
(7 所属学会)文化財保存修復学会(運営委員)、日本文化財科学会、日本木材学会、マテリアルライフ学会、
 西アジア考古学会、The International Institute for Conservation of Historic & Artistic Works (IIC)
(7 委員会)International Council on Monuments and Sites (ICOMOS)、ICOMOS International
 Scientific Committee for Stone (Vice-president)、日本学術振興会審査会専門委員、
 九州国立博物館(仮称)における諸機能検討に係わる指導助言者
2001年度 (国際文化財保存修復協力センター)
(2 編集) 『タイ国・アユタヤ遺跡の保存修復に関する研究』 153p 01.10
(2 編集) Conservation of Monuments in Thailand(Ⅱ); Proceedings of the Second Seminar on Thai-
 Japanese Cooperation in Conservation of Monuments in Thailand, The Fine Arts Department,
 Thailand and the National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, Japan 133p 02.3.1
(3 論文)タイ国アユタヤ遺跡の劣化と保存に関する応用地質学的調査(朽津信明、石崎武志、西浦忠輝)
 『タイ国・アユタヤ遺跡の保存修復に関する研究』pp.33-36 01.10
(3 論文)タイ国アユタヤの歴史的レンガ造建造物中の水分移動解析(石崎武志、西浦忠輝、朽津信明、
 ユッカシムネック)『タイ国・アユタヤ遺跡の保存修復に関する研究』pp.37-46 01.10
(3 論文)タイ国・アユタヤ遺跡における環境条件計測『タイ国・アユタヤ遺跡の保存修復に関する研究』
 pp.47-53 01.10
(3 論文)Numerical Analysis of the Water Regime of Historic Brick Buildings and Monuments in Thailand
 (T.Ishizaki, N.Kuchitsu and T.Nishiura, J.Simnek and M.T.van Genuchen)
 『タイ国・アユタヤ遺跡の保存修復に関する研究』 pp.54-71 01.10
(3 論文)レンガ造文化財の劣化と保存対策(海外の事例) 『タイ国・アユタヤ遺跡の保存修復に関する研究』
 pp.87-96 01.10
(3 論文)Preservation and Maintenance of Monuments After Restoration, A Comparative Study:
 Thailand, Pakistan and Syria, Proceedings of Fifth Bayon Symposium, UNESCO pp.321-349 01.12
(3 論文)タイ・スコータイ遺跡の大仏の保存修復『世界の文化遺産を護る』 クバプロ pp.156-165 01.12.25
(3 論文)Study on the Water Regime of Giant Buddha at Wat Sri Chum, Sukhothai after Conservation
 Treatment (T.Ishizaki, T.Nishiura, J.Simunek and M.T.van Genuchten), Conservation of Monuments
 in Thailand(Ⅱ)pp.32-39 02.3.1
(3 論文)Study on the Effect of a Shelter, by using Model Structure, for the Conservation of Giant Buddha
 at Wat Sri Chum, Sukhotahi (T.Nishiura, T.Ishizaki and Chiraporn A.), Conservation of Monuments in
 Thailand(Ⅱ) pp.40-47 02.3.1
(3 論文)Countermeasures to Salt Weathering of Bricks ―In Japan and in Ayutthaya, Thailand ―
 (N.Kuchitsu and T.Nishiura), Conservation of Monuments in Thailand(Ⅱ) pp.53-61 02.3.1
(3 論文)New Conservation Method for Stone Remains Applying Traditional Mud-Wall Technique;
 Conservation Treatment of Remains at Ranigat Site, Gandhara, Pakistan (T.Nishiura, M.Masui and T.Ebisawa),
 Conservation of Monuments in Thailand(Ⅱ) pp.96-103 02.3.1
(3 論文) アブシール南丘陵頂部遺跡石造建造物の保存修復調査 『エジプト学研究』別冊5
 早稲田大学エジプト学研究所 pp.37-41 02.3
(4 解説)学ぶ姿勢と相互理解こそが国際協力の基本:文化遺産の保護と国際協力―よりよい保存修復協力に向けて
 『世界の文化遺産を護る』 クバプロ pp.168-189 01.12.25
(5 発表)長崎県、重文・幸橋の修理に伴う石材の保存処理と20年後の状態(西浦忠輝、橋本孝)
 第23回文化財保存修復学会大会 01.6.3
(5 発表)Study on the Water Regime of Giant Buddha at Wat Sri Chum, Sukhothai after Conservation
 Treatment (T.Ishizaki, T.Nishiura, J.Simunek and M.T.van Genuchten), Second Seminar of Thai
 ―Japanese Cooperation of Monuments in Thailand 01.09.04
(5 発表)Study on the Effect of a Shelter, by using Model Structure, for the Conservation of Giant Buddha
 at Wat Sri Chum, Sukhotahi (T.Nishiura, T.Ishizaki and Chiraporn A.), Second Seminar of Thai
 -Japanese Cooperation of Monuments in Thailand 01.09.04
(5 発表)Countermeasures to Salt Weathering of Bricks ―In Japan and in Ayutthaya, Thailand―
 (N.Kuchitsu and T.Nishiura), Second Seminar of Thai-Japanese Cooperation of Monuments in Thailand
 01.09.04
(5 発表)New Conservation Method for Stone Remains Applying Traditional Mud-Wall Technique ―
 Conservation Treatment of Remains at Ranigat Site, Gandhara, Pakistan (T.Nishiura, M.Masui and
 T.Ebisawa), Second Seminar of Thai-Japanese Cooperation of Monuments in Thailand 01.09.05
(5 座長)Overall Discussion, Second Seminar of Thai-Japanese Cooperation of Monuments in Thailand
 01.09.05
(6 解説)世界遺産の保存と修復~その現状と未来~ 早稲田大学エジプト学研究会「エジプトフォーラム9」
 01.10.14
(6 発表)地球規模の気候変動と歴史遺産 文化財保存修復学会公開シンポジウム
 「文化財の保存と修復―歴史遺産と環境―」 01.11.17
(6 解説)パネルディスカッション 文化財保存修復学会公開シンポジウム
 「文化財の保存と修復-歴史遺産と環境-」 01.11.17
(7 所属学会)文化財保存修復学会(運営委員)、日本文化財科学会、日本木材学会、マテリアルライフ学会、
 The International Institute for Conservation of Historic & Artistic Works (IIC)
(7 委員会)International Council on Monuments and Sites (ICOMOS)、
 ICOMOS International Scientific Committee for Stone (Vice-president)、日本学術振興会審査会専門委員
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所