東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

前川佳文 MAEKAWA Yoshifumi

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2016年度 (文化遺産国際協力センター)
(2 報告)Cenacolo di Sant'Apollonia CRISTO IN PIETA',
 Studio, Ricerca e Intervento di Restauro(Yoshifumi Maekawa、
 Gioia Germani、Ottaviano Caruso、Bartolomeo Ciccone)
 La Soprintendenza Archeologia Belle Arti e Paesaggio per la
 città metropolitana di Firenze e per le province di Pistoia e Prato 16.9.20
(2 報告)コンスウエムヘヴ墓壁画の保存修復に向けた事前調査報告 『早稲田大学エジプト学研究』23 早稲
 田大学エジプト学研究所 17.3
(2 報告)『ミャンマー・バガン遺跡における寺院壁画の保存に向けた外壁調査と保存修復方法の研究 平成28
 年度成果報告書』(前川佳文、増渕麻里耶、鴫原由美) 58p 東京文化財研究所 17.3
(2 報告)『トルコ共和国における壁画技法と保存管理体制に関する報告 平成28年度成果報告書』(前川佳文、
 増渕麻里耶) 32p 東京文化財研究所 17.3
(2 報告)ミャンマー・バガン遺跡群における壁画の地震被害に関する調査 『平成28年度 文化庁委託文化
 遺産保護国際貢献事業(専門家交流)「ミャンマー・バガン遺跡群における地震被害に関する調査」事業報告
 書』 pp.63-68 東京文化財研究所 17.3
(5 学会発表)終末期古墳における目地漆喰使用箇所の検討(朽津信明、前川佳文) 日本文化財科学会第33回
 大会 奈良大学 16.6.4-5
(5 学会発表)後期・終末期古墳における目地材料の骨材について(前川佳文、朽津信明) 日本文化財科学会
 第33回大会 奈良大学 16.6.4-5
(5 学会発表)アッシャーノ・サンティッポリート教会主祭壇壁画の調査研究と保存修復─彩色層補強と補彩
 作業─ 文化財保存修復学会第38回大会 東海大学 16.6.25-26
(6 講演)Wall paintings Conservation projects by Japan Center for International Cooperation in Conservation in
 Bagan 国際協力機構(JICA)「遺跡保全地における観光インフラに関する研修」 東京文化財研究所 16.5.31
(6 講演)バガン遺跡煉瓦造建造物外壁の保存修復について ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局バガン支局 16.7.27
(6 講演)トルコでの壁画保存事業計画について ガーズィ大学芸術学部文化財学科/東京文化財研究所合同
 セミナー ガーズィ大学(トルコ)、トルコ共和国文化観光省文化遺産博物館局/東京文化財研究所合同セ
 ミナー トルコ共和国文化観光省、トルコ共和国文化観光省ネヴシェヒル保存修復センター/東京文化財研
 究所合同セミナー アルゴスホテル・カッパドキア 16.10.31、16.11.1、16.11.3
(7 所属学会)日本文化財科学会、文化財保存修復学会、Associazione Bastioni、Associazione Amici dell'Opificio
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所