東文研_個人の研究業績
東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

前原恵美 MAEHARA Megumi

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2017年度 (無形文化遺産部)
(1 共著)江戸祭礼と歌舞伎をめぐる三味線音楽演奏者の動向―常磐津節を中心に
 『江戸総鎮守 神田明神論集1』 pp.73-100 神田神社 17.5
(2 報告)「楽器を中心とした文化財保存技術調査報告1」(前原恵美、橋本かおる)
 『無形文化遺産研究報告』12 pp.41-65 18.3
(4 連載)浮世絵を聴く第8回 盆踊りに夏の風物詩を聴く「源氏十二ヶ月の内 孟秋」
 『宮城會々報」』228巻頭カラー2p 箏曲宮城会 17.7
(4 連載)浮世絵を聴く第9回 異国の舞楽に雅を聴く「大坂新町ねりもの 還城楽 中扇屋初花太夫」
 『宮城會々報」』229 巻頭カラー2p 箏曲宮城会 18.1
(6 発表)無形文化財保存技術に関する報告―三味線を中心に― 総合研究会 東京文化財研究所 17.10.3
(6 講演)江戸祭礼と歌舞伎の音曲について 神田神社明神塾 神田明神祭務所地下ホール 17.10.11
(5 学会発表)江島弁財天信仰と常磐津節演奏家―浮世絵〈相州江之嶋弁才天開帳参詣群集之図〉を起点に―
 東洋音楽学会東日本支部 第100回定例研究会 東京大学(駒場キャンパス) 17.12.2
(7 所属学会)楽劇学会、東洋音楽学会、文化財保存修復学会
(7 委員会等)文化庁文化財部伝統文化課芸能部門非常勤調査員、平成30年度伝統音楽普及促進支援事業審査委員
(8 教育)桐朋学園大学非常勤講師
2016年度 (無形文化遺産部)
(2 報告)常磐津節の伝授と家元制度をめぐって 『近代における能楽の伝授と受容の諸相―免状に見る梅若家
 と素人弟子』 pp.125-140 三浦裕子(研究代表者) 17.3
(2 報告)『「吉原細見」に見られる男芸者一覧(稿)』 109p 前原恵美(研究代表者) 17.3
(4 資料紹介)三味線音楽の旋律型研究─町田佳聲をめぐって─(資料DVD付) 『楽劇学』24 pp.126-128 楽劇学会 17.3
(4 エッセイ)江島弁財天に寄せる女性芸能者の心意気「相州江之嶋弁財天開帳参詣群集之図」 『宮城會々報』
 227 巻頭カラー2p 箏曲宮城会 17.1
(6 講義)能楽おもしろ対談 響き合う中世と近世の音楽─能・狂言と常磐津(ときわづ)―(三浦裕子、前原
 恵美) 武蔵野大学生涯学習講座 武蔵野大学千代田サテライト教室 17.3
(7 所属学会)楽劇学会、東洋音楽学会
(7 委員会等)文化庁文化財部伝統文化課芸能部門非常勤調査員
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所