東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

小林達朗 KOBAYASHI Tatsuro

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2016年度 (文化財情報資料部)
(4 記事)「物故者」田口榮一 『日本美術年鑑』平成27年版 pp.491-492 東京文化財研究所 17.3
(6 講習会)技術の歴史と技法─彩色・加彩法 第8回文化財(美術工芸品)修理技術者講習会 文化庁 16.11.17
(7 所属学会)美術史学会、九州藝術学会
(7 委員会等)東京国立博物館修理請負候補者選定委員会、文化庁買取評価員
2015年度 (企画情報部)

(3 論文)東京国立博物館蔵・国宝普賢菩薩像の表現および平安仏画における「荘厳」『美術研究』 416
 pp.1-15 15.8
(4 解説)聖徳太子及天台高僧像カラー画像の美術史的意義について―表現の問題及び各図版コメント
 『法華山一乗寺蔵国宝・聖徳太子及天台高僧像―カラー画像篇』 pp.172-173 奈良国立博物館・東
 京文化財研究所 16.3
(4 解説)二十五菩薩来迎図 キンベル美術館所蔵 『在外日本古美術品保存修復協力事業 二十五菩薩
 来迎図』 pp.21-22 東京文化財研究所 16.3
(7 所属学会)美術史学会、九州藝術学会

2014年度 (企画情報部)

(3 論文)美麗の術―国宝千手観音像の場合 『文化財の保存及び修復に関する国際研究集会「かたち」再考
 ―開かれた語りのために―』 pp.143-156 東京文化財研究所 14.12
(4 テレビ出演)「BSプレミアム 日本美インパクト!」 NHK 14.11.6
(6 発表)東京国立博物館蔵 国宝・普賢菩薩像の表現-附論 仏画における「荘厳」 2014年度第7回企画情報部

 研究会 東京文化財研究所 14.12.9
(6 講習会)技術の歴史と技法:彩色加飾法 第7 回文化財(美術工芸品)修理技術者講習会 文化庁 14.10.28
(7 所属学会)美術史学会

2013年度 (企画情報部)
(2 報告)美麗の術―国宝千手観音像の場合 第37回文化財の保存及び修復に関する国際研究集会「「かたち」再考
 -開かれた語りのために―」プレプリント 東京文化財研究所 pp.24-25 14.1.10
(6 発表)東京国立博物館蔵国宝本・千手観音像の表現 企画情報部13年度第4回研究会 東京文化財研究所
 13.7.30
(6 講演)平安仏画の表現―虚空蔵菩薩像と千手観音像― 第47回オープンレクチャー 東京文化財研究所
 13.10.4
(6 発表)美麗の術―国宝千手観音像の場合 第37回文化財の保存及び修復に関する国際研究集会「「かたち」再考
 -開かれた語りのために―」 東京文化財研究所 14.1.11
(7 所属学会)美術史学会、九州藝術学会
2012年度 (企画情報部)
(2 報告)研究ノート 東京国立博物館所蔵国宝本・虚空蔵菩薩像の表現 『美術研究』409 pp.26-31 13.3
(6 発表)宮内庁三の丸尚蔵館所蔵春日権現験記絵共同調査の中間報告(太田彩、城野誠治、小林達朗)
 企画情報部研究会 東京文化財研究所 12.9.25
(7 所属学会)美術史学会、九州藝術学会
2011年度 (企画情報部)
(4 解説)拾遺古徳伝絵(常福寺蔵)外14件 『特別展 法然と親鸞ゆかりの名宝』展図録 pp.304-309
 東京国立博物館 11.10
(4 解説)如意輪観音像(ボストン美術館蔵)外2件 『特別展 ボストン美術館日本の至宝』展図録 
 pp.237-238 東京国立博物館 12.3
(6 発表)国宝本・虚空蔵菩薩像の表現―仏画の高精細画像形成― 第5回総合研究会 東京文化財研究所 12.3.6
(7 所属学会)美術史学会、九州藝術学会
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所