東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

石村智 ISHIMURA Tomo

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表等)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2017年度 (無形文化遺産部)
(1 公刊図書)『よみがえる古代の港:古地形を復元する』吉川弘文館 247p 17.11
(1 公刊図書)「南洋群島の水中戦争遺跡:パラオの事例」『水中文化遺産:海から蘇る歴史』 pp.15-35 勉誠出版 17.6
(2 報告)Would inscription on UNESCO’s List of Intangible Cultural Heritage contribute to the sustainability of
 intangible cultural heritage? : Cases of “Mibu no Hana Taue” and “Ojiya-chijimi, Echigo-jofu”
 Proceedings of the International Symposium on Global Perspectives on Intangible Cultural Heritage:
 Local Communities, Researchers, States and UNESCO
pp.80-86
 Center for Global Studies(CGC), Seijo University and International Research Centre for Intangible Cultural
 Heritage in the Asia-Pacific Region(IRCI) 17.11
(3 論文)Status of UNESCO Conventions related to cultural heritage protection in Ocean
 People and Culture in Oceania 33 pp.73-86 18.3
(4 編集)『無形文化遺産映像記録作成研究会記録集』1 東京文化財研究所 1-70p 18.3
(5 学会発表)オセアニアにおける文化遺産の保護:近年の動向 日本オセアニア学会第35回研究大会・総会
 沖縄海洋博記念公園 海洋文化館 18.3.22-23
(6 講演)水中文化遺産ことはじめ NPO法人南の風創生本部・文化講演会 南伊豆町役場 17.9.18
(6 発表)Would inscription on UNESCO’s List of Intangible Cultural Heritage contribute to the sustainability of
 intangible cultural heritage?: Cases of “Mibu no Hana Taue” and “Ojiya-chijimi, Echigo-jofu”
 International Symposium on Global Perspectives on Intangible Cultural Heritage:
 Local Communities, Researchers, States and UNESCO 成城大学 17.7.7-9
(6 講演)地域文化のシンボルとしての文化財
 シンポジウム「地域資源としての歴史・文化」 標津町生涯学習センターあすぱるホール 17.9.10
(6 発表)Intangible cultural heritage and the protection system related to religion in Japan
 Cultural Heritage and Religion in East Asia Academia Sinica, Taipei 18.1.8-9
(6 司会)趣旨説明・総合討論(石村智・菊地芳朗)
 考古学研究会第63回総会・研究集会「災害と考古学:持続と断絶」 岡山大学 17.4.15-16
(6 司会)趣旨説明・ディスカッション 第1回無形文化遺産映像記録作成研究会 東京文化財研究所 18.2.19
(6 講義)臨地研修:無形文化遺産の記録法
 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター文化遺産保護協力事務所
 「文化遺産の保護に資する研修2017:博物館等における文化財の記録と保存活用」 東京文化財研究所 17.10.30
(6 発表)大洋州島しょ国の文化遺産の現状:その脆弱性と可能性
 第21回文化遺産国際協力コンソーシアム研究会「危機に瀕する楽園の遺産」 上智大学 17.7.24
(6 講演)ブリコラージュとしての技術:長良川鵜飼舟製作の記録を通じて
 多聞会アートと考古学シリーズII「無のかたち:Shape of the Shapeless」 建仁寺両足院 18.2.17
(7 所属学会)考古学研究会、史学研究会、東南アジア考古学会、日本イコモス国内委員会、
 日本オセアニア学会、日本考古学協会、日本動物考古学会
(7 委員会等)日本オセアニア学会評議員
2016年度 (無形文化遺産部)
(4 解説)書評 Prehistoric Marine Resource Use in the Indo-Pacific Regions 『東南アジア考古学』36 pp.79-80 16.11
(4 解説)書評 Prehistoric Marine Resource Use in the Indo-Pacific Regions People and Culture in Oceania, 32 pp.71-
 74 17.2
(4 編集)『平成27年度文化庁文化遺産国際協力拠点交流事業 大洋州島しょ国の文化遺産保護に関する拠点交流
 事業報告書』 41p 東京文化財研究所 16.4
(4 編集)『日韓無形文化遺産研究Ⅱ』 東京文化財研究所 17.3
(4 編集)『選定保存技術資料集 A Handbook for Selected Conservation Techniques』 東京文化財研究所 17.3
(4 資料紹介)〔資料紹介〕木島正夫による青花紙製作の映像記録『無形文化遺産研究報告』11 pp.101-113 17.3
(4 資料紹介)〔資料紹介〕田辺尚雄の南洋調査ノート『無形文化遺産研究報告』11 pp.115-124  17.3
(5 学会発表)気候変動が文化に及ぼす影響:大洋州地域において 第62回考古学研究会総会・研究集会 岡山大学 16.4.16-17
(5 学会発表)Safeguarding Cultural Heritage from Negative Impacts of Climate Change : A Case Study in Oceania 8th
 World Archaeology Congress 同志社大学 16.9.2
(5 学会発表)第一回カヌーサミット開催報告 日本オセアニア学会第34回研究大会・総会 松江しんじ湖温
 泉夕景湖畔すいてんかく 17.3.26
(6 発表)標津の「ほこるべきもの」を共有する 公開ゼミナール「文化資源としての標津の語り」 標津町生涯
 学習センターあすぱるホール 16.9.16
(6 発表)誰にとっての『遺産』か?:『ユネスコ世界遺産』と『奄美遺産』をめぐって 地域共有資源としての奄美
 の景観:自然と文化が織りなす景観の価値 加計呂麻島展示・交流体験館 17.1.15
(6 講演)謎の航海民ラピタ人の交易システム:海の社会からみる適応戦略 南山大学人類学博物館講座 南山大学 16.6.11
(6 講演)太平洋の巨石文明の謎を探る ウインディーグループ・セミナー 南伊豆町役場 16.9.24
(6 司会)Keynote Presentation: Objectives and Programme of the Canoe Summit Canoe Summit at the 12th Festival of
 Pacific Art Latte of Freedom/Hall of Governor 16.5.26
(7 所属学会)東南アジア考古学会、日本イコモス国内委員会、考古学研究会、日本オセアニア学会、
 日本動物考古学会、史学研究会
(7 委員会等)日本オセアニア学会評議員
2015年度 (無形文化遺産部)
(1 共著)「第九章 リビングヘリテージとしての景観:カンボジアにおけるアンコール期/ポスト・ア
 ンコール期遺跡の文化遺産保護をめぐって」 河合洋尚編『景観人類学:身体・政治・マテリアリティ』
 pp.249-270 時潮社 16.3
(2 報告)『平成26年度文化遺産国際協力拠点交流事業 ミャンマーにおける文化遺産保護に関する拠点交
 流事業 再委託 考古分野における現地研修事業および招へい研修事業 報告』(森本晋、石村智、田代亜紀子)
 奈良文化財研究所 15.4
(2 報告)『平成26年度文化庁文化遺産国際協力拠点交流事業 大洋州島しょ国の文化遺産保護に関する拠
 点交流事業 報告書』(石村智、久保田裕道) 東京文化財研究所 15.4
(3 論文)サモアにおける無形文化遺産の現状と展望 『奈良文化財研究所紀要』2015 pp.18-19 15.6
(3 論文)修復とオーセンティシティ:カンボジア・アンコール遺跡群 『月刊みんぱく』2015.12 
 pp.16-17 国立民族学博物館 15.12
(3 論文)気候変動と文化遺産:フィジー・ガウ島の調査から 『日本オセアニア学会Newsletter』113 
 pp.1-9 日本オセアニア学会 16.3
(3 論文) Memories of a sacred landscape: Lost female rituals and the surviving cultural landscape in the Amami
 Islands of Japan. Lectures from the International Research Exchange between Nara National Research
 Institute for Cultural Properties and Columbia University, 2011-2015 pp.31-42 奈良文化財研究所 16.3
(5 学会発表)気候変動と文化遺産 日本オセアニア学会第33回研究大会・総会 マホロバ・マインズ三
 浦 16.3.18
(6 発表)パラオ共和国における戦争遺跡および日本統治時代遺構の調査研究 文化遺産国際協力コン
 ソーシアム第27回東南アジア・南アジア分科会 東京国立博物館 15.6.8
(6 発表)南のカヌー:技術複合体としてのアウトリガー・カヌー 第6回海洋考古学会 名古屋大学博
 物館 15.10.3
(7 所属学会)東南アジア考古学会、ICOMOS、日本考古学協会、考古学研究会、日本人類学会、日本オ
 セアニア学会、日本動物考古学会、史学研究会、World Archaeology Congress
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所