東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

井上敏 INOUE Satoshi

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2003年度 (国際文化財保存修復協力センター)
(5 学会発表)日本の文化財保護におけるNPOの今後の貢献―「文化財アクセス権」の担い手としての考察
 文化経済学会(日 本) 静岡文化芸術大学 03.6.29
(5 学会発表)日本の博物館と法人の制度について―NPOと博物館の可能性― 日本ミュージアム・マネージ
 メント学会制度問題部会 お茶の水女子大学 03.11.22
(7 所属学会等)日本ミュージアム・マネージメント学会(制度問題部会幹事)、全日本博物館学会、日本文化財科
 学会文化財 保存修復学会、文化経済学会〈日本〉、日本遺跡学会、考古学研究会、日本エコミュージアム研究会
(7 委員会)日本イコモス国内委員会
(8 教育)桃山学院大学専任講師(本務、学芸員課程)、お茶の水女子大学非常勤講師(社会教育学特講Ⅲ)、
 京都造形芸術大学非常勤講師(芸術学部・通信教育部 歴史遺産学Ⅲ)
2002年度 (国際文化財保存修復協力センター)
(2)(報告)現地調査記録 叢書[文化財保護制度の研究]『ヨーロッパ諸国の文化財保護制度と保存活用事例』
 (ドイツ編) pp.173-205 東京文化財研究所 03.3
(3)(論文)ドイツにおける考古学遺産の保存と活用―ヨーロッパにおける遺跡の保存と活用の事例(1)―(井上
 敏、二神葉子) 『保存科学』42 pp.107-114 03.3
(3)(論文)考古学遺産の保存と活用―ヴェニス憲章とローザンヌ憲章の実践―(井上敏、二神葉子) 叢書
 [文化175財保護制度の研究]『ヨーロッパ諸国の文化財保護制度と保存活用事例』(ドイツ編)
 pp.129-137 東京文化財研究所 03.3
(4)(解説)日本博物館制度概要 『日本公立博物館法人化機制研究 期中報告』 pp.19-26
 国立台北藝術大学伝統藝術研究中心 02.12
(4)(解説)中国における文物保護の法制度について 叢書[文化財保護制度の研究]『中国の文化財保護制度の
 研究』(山西省・陝西省編) pp.13-18 東京文化財研究所 03.3
(4)(解説)ドイツの文化財保護法にかかわる制度の概観 叢書[文化財保護制度の研究]『ヨーロッパ諸国の文化
 財保護制度と保存活用事例』(ドイツ編) pp.167-171 東京文化財研究所 03.3
(5)(学会発表)ドイツにおける遺跡の保存と活用―2つの州の制度と実例―(二神葉子、井上敏)
  文化財保存修復学会第24回大会 日本大学 02.6.15-16
(5)(学会発表)文化財保護側からの学芸員養成について―文化財専門職と学芸員―
 日本ミュージアム・マネージメント学会制度問題部会 お茶の水女子大学 03.2.16
(5)(学会発表)文化財・歴史的環境の保護とNPO政策(雨宮孝子、井上敏、後藤治、増澤文武)
 日本NPO学会第5回大会 帝塚山大学 03.3.16
(6)(講演)文化財保護とNPO NPO JCP 東京都美術館 03.3.1
(6)(発表)博物館に法は必要か 博物館法研究会 大阪市立自然史博物館 03.3.8
(7)(所属学会)日本ミュージアム・マネージメント学会(制度問題部会幹事)、全日本博物館学会、
 日本NPO学会、文化経済学会〈日本〉、文化財保存修復学会、日本文化財科学会、考古学研究会
(7)(委員会)ICOMOS日本国内委員会、日本ナショナルトラスト法制研究会
(8)(教育)桃山学院大学専任講師(本務)、お茶の水女子大学非常勤講師、京都造形芸術大学非常勤講師
2001年度 (国際文化財保存修復協力センター)
(3 論文)世界の文化財保護法の話―アジアの例を中心に―(二神葉子、井上敏)『文化遺産の世界』4 pp.18-20
 02.02
(6 研究会)国際的な文化遺産保護の取り組みの観点から 日本エコミュージアム研究会研究大会 憲章セッション
 01.10.29
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所