東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

原田怜 HARADA Rei

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2014年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)Survey Report on the Protection of Cultural Heritage in Republic of the Philippines( Rei Harada,
 Kunikazu Ueno, Kazuhiko Tanaka, Juan Ramon Jimenez Verdejo) pp.11-25、pp.69-120 Japan
 Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage 14.6
(2 報告)フィリピンにおける文化遺産保護状況調査『文化遺産国際協力事業紹介』 pp.15-16 文化遺産国際協力
 コンソーシアム 15.1
(2 報告)Investigation of actual conditions regarding cultural heritage protection in Republic of the
 Philippine, Japan’s International Cooperation in Heritage Conservation pp.13-14 Japan Consortium
 for International Cooperation in Cultural Heritage 15.3
(4 編集)Survey Report on the Protection of Cultural Heritage in Republic of the Philippines 120p 
 Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage 14.6
(5 学会発表)Initial Heritage Impact Assessment for the Project for Construction of the Petra Museum,
 Jordan( Rei HARADA, Kazuya YAMAUCHI, Shigeyuki OKAZAKI, Yasuyoshi OKADA, Kazushi HAMAZAKI,
 Hideaki TEMBATA, Kensuke OHISHI, Mitsuhiro OSAKI, Adel ZUREIKAT) 18th ICOMOS General
 Assembly 2014, Symposium: Heritage and Landscape as Human Values, Florence, Italy 14.11.10-14
(7 所属学会)ICOMOS、日本西アジア考古学会
2013年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)『平成24年度協力相手国調査フィリピン共和国調査報告書』(原田怜、上野邦一、田中和彦、
 ヒメネス・ホアン・ラモン)文化遺産国際協力コンソーシアム 14.3
(4 編集)『平成24年度協力相手国調査 フィリピン共和国調査報告書』文化遺産国際協力コンソーシアム 14.3
(4 解説)Rei Harada, HISP - Alumni Profile, Alumni Newsletter, the School of Architecture, Planning,
 and Preservation, University of Maryland, College Park, MD 13.5
(5 学会発表)フィリピンにおける文化遺産保護状況と今後の国際協力の可能性(原田怜、上野邦一、
 田中和彦、ヒメネス・ホアン・ラモン) 第228回東南アジア考古学会例会 東南アジア考古学会 13.10.12
(5 学会発表等)ヨルダン国ペトラ博物館建設に伴う初期遺跡影響評価(山内和也、原田怜、岡崎甚幸、
 岡田保良、濱崎一志、天畠秀秋、大石健介、大崎光洋、Adel ZUREIKAT) 第21回西アジア発掘調査報告会 
 西アジア考古学会 13.3.23
(6 発表)文化遺産保護に関する国際協力―文化遺産国際協力コンソーシアムの働き― 筑波大学
 世界遺産選択科目「建築遺産論」 13.11.7
(7 所属学会等)日本イコモス国内委員会、日本西アジア考古学会
2012年度 (特別研究員)
(2 報告)原田怜、後藤健、西藤清秀、安倍雅史『平成23年度協力相手国調査バハレーン王国調査報告書』
 文化遺産国際協力コンソーシアム 13.1
(2 報告)調査概要、ミャンマーの文化遺産保護体制(原田怜、友田正彦)、考察(原田怜、石澤良昭、友
 田正彦、鈴木伸治)、Appendix 『平成23年度協力相手国調査ミャンマー連邦共和国調査報告書』 pp.1-
 10、pp.53-81 文化遺産国際協力コンソーシアム 13.3
(2 報告)ミャンマーにおける文化遺産保護状況調査 『文化遺産国際協力事業紹介』 pp.14-15 文化
 遺産国際協力コンソーシアム 13.3
(2 報告)第2章 ミャンマーの文化遺産保護に関する基本情報(原田怜、境野飛鳥) 『平成24年度文化
 庁委託文化遺産保護国際貢献事業(専門家交流)ミャンマーの文化遺産保護に関する技術的調査報告書』
 pp.23-26 東京文化財研究所 13.3
(2 報告)Rei Harada, Takeshi Gotoh, Kiyohide Saito, Masashi Abe “Study Overview”“Framework
 for Cultural Heritage Protection in Bahrain”“Cultural Heritage in Bahrain” (Rei Harada, Takeshi
 Gotoh, Kiyohide Saito, Masashi Abe)“Observations” (Rei Harada, Takeshi Gotoh, Kiyohide Saito,
 Masashi Abe) “Appendix” Survey Report on the Protection of Cultural Heritage in Bahrain pp.7-
 17, pp.48-49, pp.58-103, Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage, 13.1
(2 報告)Rei Harada, Yoshiaki Ishizawa, Masahiko Tomoda, Nobuharu Suzuki “Study Overview”
 “Framework for Cultural Heritage Protection in Myanmar” (Rei Harada, Masahiko Tomoda)
 “Observations”(Rei Harada, Yoshiaki Ishizawa, Masahiko Tomoda, Nobuharu Suzuki)“Appendix”
 Survey Report on the Protection of Cultural Heritage in Republic of the Union of Myanmar pp.7-
 17, pp.48-49, pp.58-103, Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage, 13.3
(2 報告)Rei Harada et al, “Investigation of actual conditions regarding cultural heritage protection
 in the Republic of the Union of Myanmar’, Japan’s International Cooperation in Heritage
 Conservation, pp.14-15, Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage, 13.3
(4 解説)ミャンマーにおける文化遺産保護に関する協力相手国調査 『INFORMATION/JAPAN
 ICOMOS』8-12 12.12
(4 編集)原田怜編『平成23年度協力相手国調査バハレーン王国調査報告書』 文化遺産国際協力
 コンソーシアム 13.1
(4 編集)原田怜編『平成23年度協力相手国調査ミャンマー連邦共和国調査報告書』 文化遺産国際
 協力コンソーシアム 13.3
(4 編集)Rei Harada ed., Survey Report on the Protection of Cultural Heritage in Bahrain Japan
 Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage, 13.1
(4 編集)Rei Harada ed., Survey Report on the Protection of Cultural Heritage in Republic of the
 Union of Myanmar Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage, 13.3
(5 学会発表)バハレーン国における文化遺産保護状況と今後の国際協力の可能性(原田怜、後藤健、
 西藤清秀、安倍雅史) 西アジア考古学会第17回総会・大会 西アジア考古学会 筑波大学 12.6.10
(5 学会発表)バハレーン王国に対する文化遺産国際協力調査について(原田怜、後藤健、西藤清秀、
 安倍雅史、ポスター発表) 日本オリエント学会第54回大会 日本オリエント学会 東海大学 12.11.24
(7 所属学会)日本イコモス国内委員会、日本西アジア考古学会、日本オリエント学会
2011年度 (特別研究員)
(4 編集)『イリーナ・ボコバ事務局長 講演会記録』 東京文化財研究所 12.3
(7 所属学会)日本イコモス国内委員会
2010年度 (特別研究員)
(2 報告)はじめに/アメリカ(山内奈美子、原田怜)/ICOMOS(国際記念物遺跡会議)/世界銀行
 /課題と展望 『被災文化遺産復旧に係る調査報告書 支援実施国編』 pp.1-4/pp.69-85/97-99/105-
 110/111-114 文化遺産国際協力コンソーシアム 11.3
(2 報告)“Introduction”/“The United States of America” (N Yamauchi, R. Harada) “ICOMOS”/
 “World Bank” / “Assignments for the Future”, Research Report on International Cooperation in the
 Recover Process of Disaster-affected Cultural Heritage - National Frameworks for International
 Aid -, pp.1-5/pp.79-97/pp.113-115/pp.121-127/pp.129-133, Japan Consortium for International
 Cooperation in Cultural Heritage, 11.3
(2 編集)『被災文化遺産復旧に係る調査報告書 支援実施国編』 文化遺産国際協力コンソーシアム 11.3
(2 編集)Research Report on International Cooperation in the Recover Process of Disasteraffected
 Cultural Heritage - National Frameworks for International Aid -, Japan Consortium for
 International Cooperation in Cultural Heritage, 11.3
2009年度 (特別研究員)
(2 報告書)被災文化遺産復旧に係る調査報告書 pp.1-2, pp151-153 文化遺産国際協力コンソーシアム 10.3
(2 報告書)Research Report on International Cooperation in the Recovery Process of Disasteraff
 ected Cultural Heritage, pp1-3, pp159-162, Japan Consortium for International Cooperation in
 Cultural Heritage, 10.3
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所