東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

二神葉子 FUTAGAMI Yoko

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2016年度 (文化財情報資料部)
(1 公刊図書)(江村知子、境野飛鳥、二神葉子、増渕麻里耶)『世界遺産用語集(改訂版)』東京文化財研究所 150p 17.3
(3 論文)Combining Statistical Tools and Ecological
 Assessments in the Study of Biodeterioration Patterns of
 Stone Temples in Angkor (Cambodia() G. Caneva, F. Bartoli,
 V. Savo, Y. Futagami & G. Strona) Scientific Reports, 6:32601 pp.1-8 16.9
(3 論文)ウェブデータベースによる画像情報の公開─尾高鮮之助調査撮影記録を例に─(小山田智寛、福永
 八朗、髙橋佑太、二神葉子) 『保存科学』56 pp.155-164 17.3
(3 論文)無形文化遺産の保護に関する第11回政府間委員会の概要と課題 『無形文化遺産研究報告』11 pp.1-16 17.3
(4 解説)第40回世界遺産委員会ニュース 『世界遺産年報』2017 pp.30-31 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟 16.12
(5 学会発表)尾高鮮之助調査撮影記録のデータベース化とその活用事例(二神葉子、福永八朗、小山田智寛、
 髙橋佑太) 文化財保存修復学会第38回大会 東海大学 16.6.26
(7 所属学会)ICOMOS、地理情報システム学会、日本第四紀学会、日本文化財科学会、文化財保存修復学会
(7 委員会等)文化審議会専門委員(世界文化遺産・無形文化遺産部会世界文化遺産特別委員会)
2015年度 (企画情報部)
(2 報告)調査研究報告書(山下好彦、二神葉子、早川泰弘、犬塚将英、城野誠治、本多貴之、増渕麻
 里耶)受託研究「ラチャプラディット寺院の螺鈿扉修復計画策定のための調査研究」 pp.11-14、191-
 198 東京文化財研究所 15.7
(2 報告)第5章 世界遺産委員会:2012~2015年の動向(川野邊渉、二神葉子、境野飛鳥、増渕麻里耶、
 原本知実) 『平成27年度文化庁委託 第39回世界遺産委員会審議調査研究事業』 pp.323-335 東京文
 化財研究所 15.10
(2 報告)タイにおける文化遺産保存修復協力 『東南アジア諸国文化遺産保存修復協力 平成27年度成
 果報告書』 pp.79-83 東京文化財研究所 16.3
(2 報告)受託研究「ラチャプラディット寺院の螺鈿扉修復計画策定のための調査研究」(山下好彦、二
 神葉子、早川泰弘、犬塚将英、城野誠治、本多貴之、増渕麻里耶) 東南アジア諸国等文化遺産保存修
 復協力 『平成27年度成果報告書』 pp.89-92、114-121 東京文化財研究所 16.3
(3 論文)Chapter 3 Multiple Regression Analysis for Estimating Earthquake Magnitude as a Function
 of Fault Length and Recurrence Interva(l Takashi Kumamoto, Kozo Oonishi, Yoko Futagami, and Mark W.
 Stirling) Earthquakes, Tsunamis and Nuclear Risks  pp.43-53 Springer 16.1
(3 論文)無形文化遺産の保護に関する第10回政府間委員会における議論の概要と課題 『無形文化遺産
 研究報告』10 16.3
(4 解説)第39回世界遺産委員会ニュース 『世界遺産年報2016』21 pp.32-33 公益社団法人日本ユ
 ネスコ協会連盟 15.11
(4 解説)用語解説(川野邊渉、二神葉子、境野飛鳥、増渕麻里耶) 『世界遺産用語集』 144p 東京
 文化財研究所 16.3
(4 翻訳)Neville Agnew、前川信「甦った王妃ネフェルタリ」 『古代文明の輝き 別冊日経サイエンス』
 210 pp.44-50 日経サイエンス 15.12
(5 学会発表)文化財研究情報アーカイブの構築―東京文化財研究所の取り組み(山梨絵美子、皿井舞、
 橘川英規、福永八朗、小山田智寛、安永拓世、津田徹英、二神葉子) 2015東アジア文化遺産保存国際
 シンポジウムin 奈良 奈良春日野国際フォーラム甍〜I・RA・KA〜 15.8.27-28
(6 発表)文化財の地震危険度評価とその活用―文化財GISデータベースによる― 国際会議「文化財防
 災体制についての国際比較研究」 神戸大学文学部 15.10.22
(6 講演)Investigation and Conservation of Lacquer Panels with mother-of pearl inlay with under paint
 used for interior decoration of Wat Rajpradit, Bangkok(Yoshihiko Yamashita, Yoko Futagami, Yasuhiro
 Hayakawa, Masahide Inuzuka, Takayasu Honda, Phrakhrupalatsutavat Arayapong) The conservation of
 East Asian Cabinets in Imperial Residences (1700-1900) the Schloss Schönbrunn, AUSTRIA 15.12.4
(6 司会)総合討議 被災文化財等保全活動の記録に関する研究会 東京文化財研究所 16.1.29
(7 所属学会)地理情報システム学会、ICOMOS、日本第四紀学会、日本文化財科学会、文化財保存修
 復学会
(7 委員会等)文化審議会専門委員(世界文化遺産・無形文化遺産部会世界文化遺産特別委員会)
2014年度 (企画情報部)
(2 報告) Statements on Bamiyan Buddha Statue Reconstruction: Concerning the construction of
 “foot-like” structures and the future reconstruction of the Eastern Buddha statue(FUTAGAMI Yoko,
 INABA Nobuko, KUME Shogo, KOUNO Toshiyuki, MAEDA Kousaku, MORIMOTO Susumu,
 NISHIKAWA Koji, NISHIMURA Yukio, OKADA Yasuyoshi, TANIGUCHI Yoko, TORIUMI Hidemi,
 YAMADA Hiroki, YAMAUCHI Kazuya, YANO Kazuyuki) 30 April, Expert Meeting, Tokyo 14.6
(2 報告)第1章 第38回世界遺産委員会概要、第4章 新規資産の申請 『平成26年度文化庁委託 第38回
  世界遺産委員会審議調査研究事業』 pp.13-27、pp.223-329 東京文化財研究所 14.9
(2 報告)Ирээдүйн 10 жилд орхоны хөндийн соёлын Дурсгалт газрын дэлхий дахины нийтлэг үнэ
 цэнэ , хосгүй гайхамшигийг олон нийтэд таниулахад шаардагдах зүйлс(これからの10年間に
 向けて、オルホン渓谷の文化的景観の顕著で普遍的な価値を共有するために必要なこと) Heritage of Orkhon
 Valley , 3 pp.30-35 Erdenezuu Museum 15.2
(2 報告)平成26年度 タイ 文化省芸術局との共同研究 『東南アジア諸国等文化遺産保存修復協力』 
  pp.67-75 東京文化財研究所 15.3
(3 論文)東日本大震災後の文化財救出活動記録の計量的分析(村井源、森井順之、二神葉子、皿井舞、
 菊池理予、江村知子、今石みぎわ、久保田裕道、山梨絵美子、田良島哲、岡田健) 『情報知識学会
 年次大会 情報知識学会誌』24(2) pp.238-245 情報知識学会 14.5
(3 論文)東日本大震災後の文化財レスキュー活動参加者の傾向分析(村井源、森井順之、二神葉子、江村知子、
 菊池理予、皿井舞、今石みぎわ、久保田裕道、山梨絵美子、田良島哲、岡田健) 『人文科学とコンピュータ
 シンポジウム 情報処理学会シンポジウムシリーズ』2014(3) pp.1-8 情報処理学会 14.12
(3 論文)無形文化遺産の保護に関する第9 回政府間委員会における議論の概要と今後の課題 
 『無形文化遺産研究報告』9 pp.25-39 15.3
(4 解説)Biological colonization patterns on the ruins of Angkor temple(s Cambodia) in the
 biodeterioration vs bioprotection debate(Flavia Bartoli, Annalaura Casanova Municchia, Yoko Futagami,
 Hiroyuki Kashiwadani, Kwang Hee Moon, Giulia Caneva) International Biodeterioration & Biodegradation
 , 96 pp.157-165 Elsevier 14.12
(4 翻訳)先史時代からみた「かたち」の概念―土偶や縄文時代の遺物の観察を通して― サイモン・ケイナー 
 『文化財の保存及び修復に関する国際研究集会「かたち」再考―開かれた語りのために―』 pp.59-75 
 東京文化財研究所 14.12
(6 発表)「 世界遺産条約」及び「世界遺産条約履行のための作業指針」に基づく問題点 研究会「バーミヤーン
 東大仏の「足」と「部分的再建」を考える」 東京文化財研究所 14.4.30
(6 発表)タイ・ラチャプラディット寺院扉の修理への協力について 文化遺産国際協力コンソーシアム第25回
 東南アジア分科会 東京文化財研究所 14.7.23
(6 発表)Necessary efforts to share the outstanding value of the Orkhon Valley Cultural Landscape for
 the next ten years International Scientific Conference on Ten Years of World Heritage - Orkhon Valley
 Cultural Landscape: Past and Present Conference Hall of Kharakhorum Museum 14.9.6
(6 発表)記録に関する話題(森井順之、江村知子、二神葉子、皿井舞、今石みぎわ、菊池理予、内藤百合子、
 村井源、久保田裕道、佐野真規、山梨絵美子、田良島哲、岡田健) 研究会「これからの文化財防災―
 災害への備え」 東京文化財研究所 14.12.4
(6 発表)文化財レスキュー活動を通じて得られた画像の整理の試み― Wordpressによるデータベース化 ―
 (今石みぎわ、江村知子、岡田健、小山田智寛、菊池理予、久保田裕道、皿井舞、内藤百合子、二神葉子、
 森井順之、山梨絵美子、田良島哲、村井源) 研究会「これからの文化財防災―災害への備え」 
 東京文化財研究所 14.12.4
(6 発表)第38回世界遺産委員会 文化遺産国際協力コンソーシアム第16回研究会「文化遺産保護の国際動向」 
 東京文化財研究所 15.3.2
(6 講演)Recent results of the study of the panels of Wat Rajpradit and the Japanese-made motherof-
 pearl inlay with under paint Seminar on the Studies for Restoration of the Door Panels at Wat
 Rajpradit Damrongrachanupab Auditorium, Bangkok National Museum 15.2.26
(6 講義)江戸時代の薄貝螺鈿―「漆扉」と歴史 Workshop on the Conservation and Restoration of
 Urushi( Japanese Lacquer) Ware – Thai 2014 東京文化財研究所 14.9.17
(6 司会)Afternoon session, part 2 International Scientific Conference on Ten Years of World
 Heritage - Orkhon Valley Cultural Landscape: Past and Present Conference Hall of Kharakhorum
 Museum 14.9.7
(7 所属学会)ICOMOS、地理情報システム学会、日本第四紀学会、日本文化財科学会、文化財保存修復学会
2013年度 (企画情報部)
(2 報告)1. 第37回世界遺産委員会概要、4. 新規資産の申請(議題8B) 『平成25年度文化庁委託 
 第37回世界遺産委員会審議調査研究事業』 東京文化財研究所 pp.13-20、pp.237-316 13.9
(2 報告)平成25年度 タイ 文化省芸術局との共同研究 『東南アジア諸国文化遺産保存修復協力』 
 東京文化財研究所 pp.41-45 14.3
(2 報告)Background, Aims and Results of the Projec, Lichens Attached to the Surface of Stones
 and Fungi Entering into Bases in Ta Nei Temple (Tomoko Uno and Yoko Futagami), Experimental
 Research on the Influence of Surface Microorganisms on Stone Weathering (Nobuaki Kuchitsu and
 Yoko Futagami) Study on the Biodeterioration of Stone Monuments in Angkor - Results of the Joint
 Research Project at Ta Nei Temple - 東京文化財研究所 pp.19-23、pp.54-56、pp.71-75 14.3
(3 論文)Pyrenocarpous Lichens in Cambodia, with the Description of Celothelium longisporum
 sp. nov. (Pyrenulales) (André Aptroot, Hiroyuki Kashiwadani, Kwang Hee Moon, and Yoko Futagami) 
 『植物研究雑誌』88 pp.309-315 13.10
(5 学会発表)国宝文化財建造物の地震対策の現状と課題(二神葉子、隈元崇) 日本文化財科学会第30回大会 
 弘前大学 13.7.6-7
(6 発表)Cooperation project for the conservation of cultural heritage at the Ta Nei temple in
 Angkor 22nd Technical Committee Meeting of the International Co-ordinating Committee for the
 Safeguarding and Development of the Historic Site of Angkor Sokha Angkor Resort, Siem Reap,
 Cambodia 13.12.3-4
(6 発表)世界遺産―現状と問題、将来像― 第47回オープンレクチャー「モノ/イメージとの対話」 
 東京文化財研究所 13.10.5
(6 発表)ユネスコ無形文化遺産保護条約第8回政府間委員会 文化遺産国際協力コンソーシアム第12回
 研究会 「文化遺産保護の国際動向」 東京文化財研究所 14.3.7
(7 所属学会)文化財保存修復学会、日本文化財科学会、地理情報システム学会、日本第四紀学会、ICOMOS
2012年度 (企画情報部)
(2 報告)4.審議内容:8B、6.参考資料:発言メモ、あとがき 『平成24年度文化庁委託 第36回世
 界遺産委員会審議調査研究事業』 pp.159-238、pp.245-338、pp.339-343 東京文化財研究所 13.8
(2 報告)Environmental and biological study for the conservation of stone monuments at Ta
 Nei Temple - Achievements in 2011, International Co-ordinating Committee for the Safeguarding
 and Development of the Historic Site of Angkor Twenty first Technical Committee, pp.58-
 59, UNESCO Phnom Penh Office, 12.12
(2 報告)Cooperation project for the conservation of cultural heritage at the Ta Nei temple in
 Angkor, International Co-ordinating Committee for the Safeguarding and Development of the
 Historic Site of Angkor, 19th Plenary Session Report on Projects for distribution and discussion
 during the meeting, pp.78-80, UNESCO Phnom Penh Office, 12.12
(2 報告)Projet de coopération pour la conservation du patrimoine culturel dans le temple de
 Ta Nei à Angkor, 19ème Session Plénière Rapports des projets pour distribution et discussion
 pendant la réunion, pp.82-84, UNESCO Phnom Penh Office, 12.12
(2 報告)『世界遺産の動向と課題―第36回世界遺産委員会―』 40p 東京文化財研究所 13.3
(2 報告)Approaches for Monitoring and Information Sharing for the Management of Monuments
 - Example in Ayutthaya Historical Park Conservation of Monuments in Thailand [V] pp.59-66
 National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo 13.3
(2 報告)2.1 アプサラ機構との共同研究 1 石材劣化状況調査、平成24年度 タイ 文化省芸術局と
 の共同研究 『東南アジア諸国等文化遺産保存修復協力 平成24年度成果報告書』 pp.15-21、pp.141-
 152 東京文化財研究所 13.3
(3 論文)Noteworthy Lichens with Mazaedia Collected in Cambodia (Hiroyuki Kashiwadani,
 André Aptroot, Yoko Futagami, Kwang Hee Moon) 『植物研究雑誌』87-4 pp.280-283 12.10
(3 論文)Lichens Found in Ta Nei Temple and Its Adjacent Areas of Angkor, Siem Reap,
 Cambodia ( Kwang Hee Moon, Minoru Nakanishi, André Aptroot, Nobuaki Kuchitsu, Yoko
 Futagami, Say Sophearin, Hiroyuki Kashiwadani) 『保存科学』52 pp.43-55 13.3
(5 学会発表)Biodeterioration of stone in relations to microclimate in the Ta Nei Temple 12th
 International Congress on Deterioration and Conservation of Stone (Giulia Caneva, Simona
 Ceschin, Ornella Salvadori, Hiroyuki Kashiwadani, Kwang Hee Moon, Yoko Futagami), 
 Columbia University, 12.10.22-26
(6 発表)Environmental and biological study for the conservation of stone monuments at the
 Ta Nei Temple - Achievements in 2011, 21st Technical Committee Meeting of the International
 Co-ordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Historic Site of Angkor,
 Sokha Angkor Resort, Siem Reap, Cambodia, 12.6.6-7
(6 発表)Approaches for Monitoring and Information Sharing for the Management of Monuments
 - Example in Ayutthaya Historical Park, The Fifth Seminar on Thai-Japanese Cooperation in
 Conservation of Monuments in Thailand, National Gallery Bangkok, 12.8.24
(6 発表)Outline and overall results of the project (Yoko Futagami)、Lichens of Ta Nei Temple
 and its adjacent area, Cambodia (Kwang Hee Moon, Hiroyuki Kashiwadani, Yoko Futagami,
 Sophearin Say)、Biodeterioration of stone in relation to microclimate in the Ta Nei Temple (Giulia
 Caneva, Simona Ceschin, Ornella Salvadori, Hiroyuki Kashiwadani, Kwang Hee Moon and Yoko
 Futagami)、Biodeterioration patterns of different biological colonization of Ta Nei Temple (Giulia
 Caneva, Flavia Bartoli, Annalaura Casanova Municchia, Ornella Salvadori, Yoko Futagami),
 Seminar on the Conservation of Stone Monument in Angkor -Results of the joint research project
 on biodeterioration at Ta Nei Temple-, APSARA National Authority, 13.1.14
(6 発表)第36回世界遺産委員会報告 文化遺産国際協力コンソーシアム第12回研究会「文化遺産保護
 の国際動向」 東京文化財研究所 13.3.15
(7 所属学会)文化財保存修復学会、日本文化財科学会、地理情報システム学会、日本第四紀学会、ICOMOS
2011年度 (企画情報部)
(2 報告)Joint research project for the conservation of stone monuments at the Ta Nei Temple
 ―Environmental and biological study for the conservation of stone in 2010―, International Coordinating
 Committee for the Safeguarding and Development of the Historic Site of Angkor
 18th Plenary Session Report on Projects for distribution and discussion during the meeting,
 pp.48-51 UNESCO Phnom Penh Office 11.12
(2 報告)Joint research project for the conservation of stone monuments at the Ta Nei Temple
 ―Environmental and biological study for the conservation of stone in 2010 『東南アジア諸国文
 化遺産保存修復協力』 pp.59-65 東京文化財研究所 12.3
(2 報告)平成23年度 カンボジア APSARA機構との共同研究 『東南アジア諸国文化遺産保存修復協力』 
 pp.11-18 東京文化財研究所 12.3
(2 報告)平成23年度 タイ 文化省芸術局との共同研究 『東南アジア諸国文化遺産保存修復協力』 
 pp.81-96 東京文化財研究所 12.3
(2 報告)アユタヤでの洪水に関する調査および洪水による文化財被害に関する予備調査 『アユタヤ歴
 史公園における文化財の洪水による被害に関する調査 報告』 pp.11-22 東京文化財研究所 12.3
(2 報告)まとめと提言 『アユタヤ歴史公園における文化財の洪水による被害に関する調査報告』 p.49 
  東京文化財研究所 12.3
(2 報告)Survey on the flood and a preliminary survey on the flood damage of cultural
 properties in Ayutthaya, Report on the investigations of the flood damage of cultural properties
 in the Ayutthaya Historical Park, pp.11-22 東京文化財研究所 12.3
(2 報告)Summary, Report on the investigations of the flood damage of cultural properties in
 the Ayutthaya Historical Park, p.47 東京文化財研究所 12.3
(2 報告)ヘンティ県所在の石質文化財の保存修復に関する研修 『拠点交流事業モンゴル平成23年度活
 動報告 モンゴル教育・文化・科学省及びモンゴル国立文化遺産センターとの拠点交流事業』 pp.91-113
 東京文化財研究所 12.3
(3 論文)Studies on Cambodian Species of Graphidaceae (Ostropales, Ascomycota) (I) (Kwang
 Hee Moon, Minoru Nakanishi, Yoko Futagami and Hiroyuki Kashiwadani) 『植物研究雑誌』86-5
 pp.273-278 11.10
(3 論文)国宝文化財建造物の地震対策の現状と課題―地震動予測地図との連携の可能性― 『地震
 ジャーナル』52 pp.42-56 11.12
(5 学会発表)カンボジア タ・ネイ遺跡の石材表面に繁茂する生物と微環境―主に開空度を指標とし
 て―(二神葉子、宇野朋子) 文化財保存修復学会第33回大会 奈良県新公会堂 11.6.4-5
(5 学会発表)イタリアにおける文化財危険地図の活用―地域での防災への応用を中心に 文化財保存
 修復学会第33回大会 奈良県新公会堂 11.6.4-5
(5 シンポジウム司会)モンゴルの文化遺産保護に関するワークショップ―アマルバヤスガラント寺院
 の保存管理計画の策定に向けて― モンゴル教育・文化・科学省 12.1.24-25
(6 発表)Joint research project for the conservation of stone monuments at the Ta Nei Temple
 ―Environmental and biological study for the conservation of stone in 2010, 20th Technical
 Committee Meeting of the International Co-ordinating Committee for the Safeguarding and
 Development of the Historic Site of Angkor Sokha Angkor Resort, Siem Reap, Cambodia 11.6.8-9
(6 発表)モンゴル国ヘンティ県での石質文化財の保存に関する活動―文化庁委託文化遺産国際協力拠
 点交流事業 モンゴル・ヘンティ県の石質文化財の保存に関する拠点交流事業報告会 東京文化財研究所
 12.3.12
(6 発表)第35回世界遺産委員会報告 文化遺産国際協力コンソーシアム第10回研究会「文化遺産保護
 の国際動向」 東京文化財研究所 12.3.16
(7 所属学会)文化財保存修復学会、日本文化財科学会、地理情報システム学会、日本第四紀学会、ICOMOS
2010年度 (文化遺産国際協力センター)
(2 報告)第34回世界遺産委員会について JAPAN ICOMOS / INFORMATION, 8-3, pp.9-10, 10.9
(2 報告)II.3.7 Tanei temple: Study on the effect of microorganisms on stone surfaces in 2009,
 International Coordinating Committee for the Safeguarding and Development of the Historic
 Site of Angkor, pp.48-49, UNESCO Phnom Penh Office, 10.11
(2 報告)Joint research project for the conservation of stone monuments at the Ta Nei Temple
 - A 2009-2010 study on the effect of microorganisms on the stone surface - 『アジア諸国における
 文化遺産を形作る素材の劣化と保存に関する調査研究』 pp.118-120 東京文化財研究所 11.3
(2 報告)カンボジアおよびタイでの現地調査(2010年11月22日~12月4日) 『アジア諸国における文
 化遺産を形作る素材の劣化と保存に関する調査研究』 pp.176-189 東京文化財研究所 11.3
(2 報告)イタリア 『被災文化遺産復旧に係る調査報告書』 pp.21-48 文化遺産国際協力コンソーシアム
 11.3
(2 報告)Italy, Research Report on International Cooperation in the Recovery Process of
 Disaster-affected Cultural Heritage pp.25-54 Japan Consortium for International Cooperation
 in Cultural Heritage 11.3
(2 報告)文化財データベース:目的から手段へ アジア文化遺産国際会議報告書『東アジア地域の文
 化遺産―文化遺産保護国際協力活動を通じて我々は何を発見し共有しうるか』 pp.193-195 東京文化
 財研究所 11.3
(2 報告)セルベン・ハールガ・アラシャーン・ハダ遺跡における赤色顔料の調査(北野信彦、二神葉子)
 『モンゴル国ヘンティ県所在セルベン・ハールガ、アラシャーン・ハダ遺跡における平成22年度活動報
 告』 pp.25-35 東京文化財研究所 11.3
(3 論文)Nine Species of Graphidaceae (Ostropales, Ascomycota) Collected in Siem Reap,
 Cambodia (Minoru Nakanishi, Hiroyuki Kashiwadani, Yoko Futagami and Kwang Hee Moon)
 『植物研究雑誌』85 pp.313-321 10.10
(3 論文)諸外国における文化財の把握と輸出規制の概要(今井健一朗、二神葉子) 『保存科学』50
 pp.59-71 11.3
(5 学会発表)タイ北部に所在する仏塔の常時微動調査―地震対策の有効性の評価指針として―(中村
 豊、原本知実、二神葉子) 日本文化財科学会第27回大会 関西大学 10.6.26
(6 発表)Tanei temple: Study on the effect of microorganisms on stone surfaces in 2009, 19th
 Technical Committee Meeting of the International Co-ordinating Committee for the Safeguarding
 and Development of the Historic Site of Angkor, Sokha Angkor Resort, Siem Reap, Cambodia,10.6.8-9
(7 所属学会)文化財保存修復学会、日本文化財科学会、地理情報システム学会、日本第四紀学会、ICOMOS
2009年度 (文化遺産国際協力センター)
(2 報告)Construction and Integration of GIS Databases for Risk Assessment of Nationally
 Desig-nated Cultural Properties due to Earthquakes and Typhoons in Japan (Yoko Futagami,
 Masayuki Morii and Takashi Kumamoto), 22nd CIPA Symposium Digital Documentation,
 Interpretation & Pre-sentation of Cultural Heritage 09.10(USBメモリでの配布およびウェブ公開)
(2 報告)Joint research project for the conservation of stone monuments at the Ta Nei Temple
 - A 2008‒2009 study on the eff ect of microorganisms on the stone surface - 『アジア諸国におけ
 る文化遺産を形作る素材の劣化と保存に関する調査研究』 東京文化財研究所 10.3
(2 報告)インドネシアにおける遺跡のモニタリングに関する現地調査―南スラウェシの洞窟遺跡を中
 心に―(二神葉子、秋枝ユミイザベル) 『アジア諸国における文化遺産を形作る素材の劣化と保存に関
 する調査研究』 東京文化財研究所 10.3
(5 学会発表)地理情報システムに基づく文化財防災情報システムの構築―史跡・重伝建地区への適用
 ―(森井順之、二神葉子、隈元崇) 文化財保存修復学会第31回大会 倉敷芸文館 09.6.13-14
(5 学会発表)カンボジア タ・ネイ遺跡とその周辺に生育する地衣類(文光喜、二神葉子、朽津信明、
 柏谷博之) 日本文化財科学会第26回大会 名古屋大学 09.7.11-12
(5 学会発表)GISを用いた文化財防災情報システムによる博物館防災―地域ハザードマップによる被
 害予測および対策のすすめ―(森井順之、二神葉子) J.P. ゲッティ美術館・国立西洋美術館共催2009
 年国際シンポジウム「美術・博物館コレクションの地震対策」 国立西洋美術館 09.7.21-23
(5 学会発表)Construction and Integration of GIS Databases for Risk Assessment of Nationally
 Designated Cultural Properties due to Earthquakes and Typhoons in Japan (Yoko Futagami,
 Masayuki Morii and Takashi Kumamoto), 22nd CIPA Symposium Digital Documentation, Interpretation
 & Presentation of Cultural Heritage 京都テルサ 09.10.11-15
(5 学会発表)微生物繁茂が岩石風化に与える影響に関する実験的検討(朽津信明、二神葉子) 日本応
 用地質学会平成21年度研究発表会 山形テルサ 09.10.22-23
(6 発表)Research of microorganisms at Ta Nei Temple, Angkor, for conservation of stone
 monuments, 18th Technical Committee Meeting of the International Co-ordinating Committee
 for the Safeguarding and Development of the Historic Site of Angkor, Sokha Angkor Resort,
 Siem Reap, Cambodia, 09.6.2-3
(7 所属学会)文化財保存修復学会、日本文化財科学会、日本第四紀学会、ICOMOS
2008年度 (文化遺産国際協力センター)
(2 報告)GISを用いた文化遺産防災の新たな取り組み―内陸直下型地震を例として
 『第1回全国文化遺産防災サミット&フォーラム 2006/10/20~21 in 山形 報告書』 pp.147-154
 東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター 08.3(前年度業績)
(2 報告)Measurement and Assessment of Deterioration of a Brick Monument at Wat Mahathat,
 Ayutthaya by Digital Photogrammetry (Yoko Futagami and Hiro'omi Tsumura), Conservation
 of Monuments in Thailand [IV] Proceedings of the Fourth Seminar on Thai-Japanese Cooperation
 in Conservation of Monuments in Thailand, 4-5 September 2008 Auditorium, National
 Gallery, Bangkok, Thailand, pp.23-26, Fine Arts Department, Thailand and National Research
 Institute for Cultural Properties, Tokyo, Japan, 09.1
(2 報告)Effect and Problems of Hydrophobic Treatment of Monuments for Conservation
 (Nobuaki Kuchitsu and Yoko Futagami), Conservation of Monuments in Thailand [IV] Proceedings
 of the Fourth Seminar on Thai-Japanese Cooperation in Conservation of Monuments
 in Thailand, 4-5 September 2008 Auditorium, National Gallery, Bangkok, Thailand, pp.71-81, Fine
 Arts Department, Thailand and National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo,Japan, 09.1
(2 報告)Joint research project on the conservation of stone at Ta Nei Temple - A study on the effect
 of microorganisms on the stone surface, conducted in 2007-2008 - 『アジア諸国における文化遺産を
 形作る素材の劣化と保存に関する調査研究』pp.94-97 東京文化財研究所 09.3
(2 報告)日本の文化財保護法 『日本およびモンゴルの文化財保護に関するワークショップ 報告書』
 pp.21-26 東京文化財研究所 09.3
(3 論文)飯田市・文永寺石室五輪塔における蘚苔類の繁茂について(朽津信明、二神葉子)
 『保存科学』48 pp.33-42 09.3
(3 論文)文化財危険地図 (Carta del Rischio del Patrimonio Culturale)(二神葉子、大竹秀実)
 『京都歴史災害研究』8 pp.1-5 09.3
(5 学会発表)国指定文化財GISデータベースを用いた文化財の被害予測と災害レスキューへの活用
 (二神葉子、隈元崇、森井順之、高尾曜) 文化財保存修復学会第30回記念大会
 太宰府市中央公民館・九州国立博物館 08.5.17-18
(5 学会発表)タ・ネイ遺跡の石材表面に付着する地衣類と基物への菌糸の陥入
 (文光喜、二神葉子、朽津信明、柏谷博之) 日本文化財科学会第25回大会 鹿児島国際大学 08.6.14-15
(6 発表)Joint Research Project on Conservation of Stone at Ta Nei Temple in 2007, 17th
 Technical Committee Meeting of the International Co-ordinating Committee for the Safeguarding
 and Development of the Historic Site of Angkor, Sokha Angkor Resort, Siem Reap, Cambodia,08.6.4-5
(6 発表)Measurement and Assessment of Deterioration of a Brick Monument at Wat Mahathat,
 Ayutthaya by Digital Photogrammetry (Yoko Futagami and Hiro'omi Tsumura), Conservation
 of Monuments in Thailand [IV] Proceedings of the Fourth Seminar on Thai-Japanese Cooperation
 in Conservation of Monuments in Thailand, Auditorium, National Gallery, Bangkok, Thailand,08.9.4-5
(6 発表)Effect and Problems of Hydrophobic Treatment of Monuments for Conservation
 (Nobuaki Kuchitsu and Yoko Futagami), Conservation of Monuments in Thailand [IV] Proceedings
 of the Fourth Seminar on Thai-Japanese Cooperation in Conservation of Monuments
 in Thailand, Auditorium, National Gallery, Bangkok, Thailand, 08.9.4-5
(6 発表)日本の文化財保護法 日本およびモンゴルの文化財保護に関するワークショップ
 モンゴル教育・文化・科学省 08.09.10-11
(6 発表)An Approach to Disaster Prevention and Rescue of Cultural Properties by using
 GIS in Japan ―Example of the National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo―,
 Expert Meeting on Cultural Heritage in Asia and the Pacific “Restoration and conservation of
 immovable heritage damaged by natural disasters”, Siam City Hotel, Bangkok, Thailand, 09.1-14-16
(6 講演)文化財防災へのGISデータベースの活用―イタリアの「文化財危険地図」を中心に―
 第30回京都歴史災害研究会 立命館大学衣笠キャンパス歴史都市防災研究センター 08.12.19
(6 講演)文化財防災情報システムの運用とその課題(二神葉子、森井順之)
 第3回文化遺産防災サミット 東北芸術工科大学東京サテライトキャンパス 09.3.6
(7 所属学会)文化財保存修復学会、日本文化財科学会、日本第四紀学会、地理情報システム学会、ICOMOS
2007年度 (文化遺産国際協力センター)
(2 報告)Joint research project on conservation of stone at Ta Nei in 2007 (Yoko Futagami,
 Tomoko Uno and Nobuaki Kuchitsu), 14th Plenary Session Activity Reports for distribution and
 discussion during the meeting, International Co-ordinating Committee for the Safeguarding and
 Development of the Historic Site of Angkor, pp.62-63, 07.11
(2 報告)日本の文化財保護制度の概要 『第3回モンゴル・日本文化フォーラム―有形及び無形文化
 遺産の保存・保護』 pp.35-43 Ministry of Education, Culture and Science, Mongolia 08.1
(2 報告)「アジア諸国における文化遺産を形作る素材の劣化と保存に関する調査・研究」タイ文化省
 芸術総局研究員の日本での共同研究(朽津信明、二神葉子) 『アジア諸国における文化遺産を形作る素
 材の劣化と保存に関する調査・研究』 pp.95-96 東京文化財研究所 08.3
(2 報告)漆喰壁の撥水処理効果に関する実験(朽津信明、二神葉子) 『アジア諸国における文化遺
 産を形作る素材の劣化と保存に関する調査・研究』 pp.97-98 東京文化財研究所 08.3
(4 解説)東南アジアの煉瓦造遺跡保存に貢献する計測技術 『日本の美術5 文化財と科学技術―東
 京文化財研究所のしごと』 pp.81-83 至文堂 07.5
(5 学会発表)重要文化財美術工芸品のGISデータベース構築における課題(二神葉子、沖野範子)
 日本文化財科学会第24回大会 奈良教育大学 07.6.2-3
(5 学会発表)イタリアにおける文化財危険地図(Carta del Rischio del Patrimonio Culturale)の
 構築(二神葉子、大竹秀実) 文化財保存修復学会第29回大会 静岡市民文化会館 07.6.16-17
(5 学会発表)Joint research project on conservation of stone at Ta Nei in 2006 (Yoko
 Futagami and Tomoko Uno), Sixteenth Technical Committee, International Co-ordinating Committee for
 the Safeguarding and Development of the Historic Site of Angkor, Siem Reap, 07.7.5-6
(5 学会発表)風化に伴う岩石表面の凹凸状態の計測(朽津信明、二神葉子) 日本応用地質学会
 大阪市立大学 07.10.11-12
(6 研究会発表)文化財情報データベース―欧州の事例・日本の現状(二神葉子、豊島久乃) 文科省
 科学研究費基盤(A)データ科学の新領域の開拓―文化財データ解析―第1回研究会 同志社大学京田辺
 キャンパス 07.9.2
(6 講演)日本の文化財保護制度の概要 第3回モンゴル・日本文化フォーラム―有形及び無形文化遺
 産の保存・保護 ウランバートル市 07.9.27-30
(6 研究会発表)Preliminary results on the study of microorganisms on stone at Ta Nei, 4th
 Angkor Vat Workshop on Angkor Lichens, Siem Reap, 07.11.27
(6 研究会発表)文化財ハザードマップについて―海外の事例を中心に ミュージアム21研究会 国立
 民族学博物館 08.1.28
(7 所属学会)文化財保存修復学会(運営委員)、日本文化財科学会、日本第四紀学会、ICOMOS
2006年度 (文化遺産国際協力センター)
(2 報告)活断層に起因する文化財の地震危険度評価―最勝院五重塔―(二神葉子、隈元崇) 『文化財の
 防災計画に関する研究第2 回研究会―震災から文化財をまもる』 pp.29-34 東京文化財研究所 07.2
(3 論文)重要文化財美術工芸品のGIS データベース構築と今後の課題(二神葉子、沖野範子) 『保存科
 学』46 pp.311-326 07.3
(5 学会発表)修復士の養成と資格―ヨーロッパの教育ガイドラインとイタリアの文化財修復士の資格
 (大竹秀実、二神葉子、秋山純子) 文化財保存修復学会第28 回大会 世田谷区民会館 06.6.3-4
(5 学会発表)マハタート寺院煉瓦建造物の劣化評価に関するモニタリング―建造物の3次元構造アーカイ
 ブ技術でのCAD から4D-GIS への移行(二神葉子、津村宏臣) 日本文化財科学会第23 回大会 東京学芸
 大学 06.6.17-18
(6 講演)GIS を用いた文化遺産防災の新たな取り組み 第1回文化遺産防災フォーラムin 山形 東北芸術
 工科大学 06.10.21
(7 所属学会)文化財保存修復学会(運営委員)、日本文化財科学会、日本第四紀学会、ICOMOS
2005年度 (国際文化財保存修復協力センター)
(2 報告)文化財防災へのGIS の利用―文化財の地震危険度評価を中心に―(二神葉子、隈元崇) 第34 回文化財
 保存修復研究協議会報告書『文化財の調査研究および保護に対する地理情報システムの利用』 pp.32-44 東京文化
 財研究所 06.3
(2 報告)文化財景観法典(今井健一朗、大竹秀実、二神葉子、稲葉信子) 『イタリアの文化財保護制度の現在』
 pp.128-171 東京文化財研究所 06.3
(2 報告)タ・ネイ遺跡での石材クリーニング試験(二神葉子、西浦忠輝、Say Sophearin、友田正彦、宇野朋子)
 『文化財の保存修復に関する国際共同研究 成果報告書』 pp.101-105 東京文化財研究所 06.3
(2 報告)タ・ネイ遺跡の微気象環境の調査報告(宇野朋子、西浦忠輝、Say Sophearin、登尾浩助、石崎武志、
 二神葉子) 『文化財の保存修復に関する国際共同研究 成果報告書』 pp.73-82 東京文化財研究所 06.3
(3 論文)デジタル写真測量技術を用いた文化財建造物の計測と劣化評価(二神葉子、津村宏臣) 『文化財保存修
 復学会誌』49 pp.86-99 05.9
(3 論文)文化財の危機管理―文化財危険地図(二神葉子、大竹秀実) 『イタリアの文化財保護制度の現在』
 pp.52-59 東京文化財研究所 06.3
(3 論文)イタリアにおける「文化財修復士」の資格(大竹秀実、二神葉子) 『イタリアの文化財保護制度の現在』
 pp.32-39 東京文化財研究所 06.3
(3 論文)ローマ考古学財監督局―ローマにおける考古遺産の管理と活用 『イタリアの文化財保護制度の現在』
 pp.62-65 東京文化財研究所 06.3
(3 論文)オランダ国立考古調査局 『オランダ文化財保護制度調査報告』 pp.23-30 東京文化財研究所 06.3
(5 学会発表)デジタル写真計測と画像解析による文化財建造物のアーカイブと形状解析―タイ・マハタート寺院煉
 瓦建造物劣化マッピング―(二神葉子、津村宏臣) 日本文化財科学会第22 回大会 北海道大学 05.7.9-10
(6 発表)活断層に起因する文化財の地震危険度評価―最勝院五重塔―(二神葉子、隈元崇) 第2 回文化財の防災
 計画に関する研究会 東京文化財研究所 2005.12.6
(7 所属学会)文化財保存修復学会(運営委員)、日本文化財科学会、日本第四紀学会、ICOMOS
2004年度 (国際文化財保存修復協力センター)
(2 報告)三次元写真測量の手法を応用した前二子古墳石室の計測(津村宏臣、二神葉子) 『大室古墳群 史跡前
 二子古墳・中二子古墳・後二子古墳ならびに小古墳 保存整備事業報告書』 pp.194-195 前橋市教育委員会文化財
 保護課 05.3
(2 報告)文化財法典(今井健一朗、鳥海基樹、二神葉子) 『フランスにおける歴史的環境保全―重層的制度と複
 層的組織、そして現在―』 pp.307-343 東京文化財研究所 05.3
(2 報告)第5節 最勝院五重塔の内陸直下型地震の危険度(二神葉子、隈元崇) 第3 章 最勝院五重塔における
 風と地震についての検討 『文化財の防災計画に関する研究 最勝院五重塔振動測定調査報告』 pp.116-122 東京
 文化財研究所 05.3
(3 論文)デジタル写真測量技術を用いた文化財建造物の計測と劣化評価(二神葉子、津村宏臣) 『文化財保存修
 復学会誌』49 05.3
(3 論文)文化財台帳の発信―文化財情報のデータベース化・外部との連携 『フランスにおける歴史的環境保全―
 重層的制度と複層的組織、そして現在―』 pp.283-292 東京文化財研究所 05.3
(5 学会発表)写真測量技術の応用による3次元DCM の取得と利用(津村宏臣、二神葉子) 日本文化財科学会第
 21 回大会 立命館大学 04.5.15-16
(5 学会発表)三次元写真測量技術を用いた文化財建造物の劣化状況の評価(二神葉子、津村宏臣) 文化財保存修
 復学会第26 回大会 奈良大学 04.6.12-13
(5 学会発表)Shallow Subsurface Geometry of Active Thrust Faults Along the Itoigawa-Shizuoka Tectonic
  Line, Central Japan, Determined from Closely Spaced Gravity Survey and Fault Dislocation Model
 (M Kuriyama, T Kumamoto, K Ishihara, Y Futagami, Y Ikeda), AGU Fall Meeting 2004, Moscone Center
 West, San Francisco, 04.12.13-17.
(6 研究会発表)文化財防災へのGIS の利用 文化財保存修復協議会 東京文化財研究所 05.3.24
(7 所属学会)文化財保存修復学会(運営委員)、日本文化財科学会、日本第四紀学会、ICOMOS
2003年度 (国際文化財保存修復協力センター)
(3 論文)文化財科学の分野の野外調査における地理情報システムの応用およびデータベース構築の手法
 ―国際文化財保存修復協力センターの実例―(二神葉子、隈元崇) 『保存科学』43 pp.119-132 04.3
(3 論文)欧米における文化財の修復士―イタリアにおける「文化財修復士」資格を中心に―(大竹秀実、
 二神葉子) 『保存科学』43 pp.133-145 04.3
(4 解説)世界遺産条約(世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約) 馬淵久夫、杉下龍一郎、
 三輪嘉六、沢田正昭、三浦定俊編『文化財科学の事典』 pp.6-7 朝倉書店 03.6
(4 解説)スパファ(SEAMEO考古芸術地域センター) 『文化財科学の事典』 pp.42-43 朝倉書店 03.6
(4 解説)世界の博物館・美術館ウェブサイト 『文化財科学の事典』 pp.60-61 朝倉書店 03.6
(5 学会発表)イギリスにおける考古遺跡の保存と活用―ストーンヘンジを例として―(二神葉子、井上敏)
 文化財保存修復学会第25回大会 京都造形芸術大学 03.6.7-8
(6 発表)文化財所在地データベースの構築と活断層データベースの連携による文化財地震危険度の評価
 (二神葉子、隈元崇) 「歴史遺産を擁する都市域を対象とした地域情報システムの構築に関する日仏共同研究」
 金沢ワークショップ 金沢文化ホール大会議室 03.11.10-11
(7 所属学会)文化財保存修復学会(運営委員)、日本文化財科学会、日本第四紀学会
2002年度 (国際文化財保存修復協力センター)
(2)(報告)現地調査記録 叢書[文化財保護制度の研究]『ヨーロッパ諸国の文化財保護制度と保存活用事例』
 (ドイツ編) pp.173-205 東京文化財研究所 03.3
(3)(論文)活断層に起因する国宝文化財の地震危険度評価―国宝文化財所在地データベースの構築と活断層
 データベースとの連携―(二神葉子、隈元崇) 『考古学と自然科学』44 pp.45-75 02.10
(3)(論文)ドイツにおける考古学遺産の保存と活用―ヨーロッパにおける遺跡の保存と活用の事例(1)―
 (井上敏、二神葉子) 『保存科学』42 pp.107-114 03.3
(3)(論文)考古学遺産の保存と活用―ヴェニス憲章とローザンヌ憲章の実践―(井上敏、二神葉子)
 叢書[文化財保護制度の研究]『ヨーロッパ諸国の文化財保護制度と保存活用事例』(ドイツ編)
 pp.129-137 東京文化財研究所 03.3 192
(5)(学会発表)ドイツにおける遺跡の保存と活用―2つの州の制度と実例― 文化財保存修復学会第24回大会
  (二神葉子、井上敏) 日本大学 02.6.15-16
(5)(学会発表)活断層に起因する国宝文化財の地震危険度評価―国宝文化財所在地データベースの構築と活断層
 データベースとの連携―(二神葉子、隈元崇) 日本文化財科学会第19回大会 明治大学 02.7.6-7
(6)(発表)GIS地理情報システムの文化財分野への応用 第4回各国の文化財保護制度に関する研究会
 〈文化財への地理情報システム応用に関する研究会〉 東京文化財研究所 03.1.22
(6)(発表)文化財所在地データベースの構築と活断層データベースとの連携による文化財地震危険度の評価
  (二神葉子、隈元崇) ミニシンポジウム「考古学・文化財研究とGIS」 東京大学 03.2.21
(7)(所属学会)文化財保存修復学会(運営委員)、日本文化財科学会、日本第四紀学会
2001年度
(3 論文) Application of Geographic Information System for Conservation of Historic Monuments
 -Case Study and Current Problems at NRICPT (Y.Futagami, T.Kumamoto). Conservation of Monuments
 in Thailand [II] Proceedings of the Second Seminar on Thai-Japanese Cooperation in Conservation of
 Monuments in Thailand, pp.62-64,Bangkok 02.03.01
(4 解説) 世界の文化財保護法の話―アジアの例を中心に―(二神葉子、井上敏) 『文化遺産の世界』4 pp.18-20
 02.02.14
(5 学会発表) 我が国による文化遺産保存国際協力事業の現状と問題点(Ⅱ)―国際文化財保存修復研究会からの
 知見(2) ―(二神葉子、西浦忠輝) 文化財保存修復学会第23回大会 金沢学院大学 01.06.02-03
(5 学会発表)Application of Geographic Information System for Conservation of Historic Monuments
 ―Case Study and Current Problems at NRICPT (Futagami, Kumamoto). Second Seminar on
 Thai-Japanese Cooperation in Conservation of Monuments in Thailand, Bangkok 01.09.04
(7 所属学会)文化財保存修復学会(運営委員)、日本文化財科学会、日本第四紀学会
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所