東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

有村誠 ARIMURA Makoto

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2011年度 (特別研究員)
(2 報告)UNESCO/Japanese Fund-in Trust Project, Preservation of the Buddhist Monastery of
 Ajina Tepa, Tajikistan, Report on the Archaeological Investigation of Ajina Tepa (2006-2008)
 (Saidmurod Bobomulloev, Kazuya Yamauchi, Shunpei Iwai, Shin’ichi Nishiyama, Hiro’omi
 Tsumura, Makoto Arimura and Tsubasa Kamei), Japan Center for International Cooperation in
 Conservation, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo 12.3
(2 報告)Preliminary Report on the Safeguarding of the Bamiyan Site 2009, 2010 -9th and
 10th Missions( Kazuya Yamauchi, Kosaku Maeda, Makoto Arimura, Masashi Abe, Susumu
 Morimoto, Yoko Taniguchi, Fabio Colombo, Ahmad-Shah Nadri, Nazi-Bullah Asadi,
 Ghulam Haidar Kushkaki, Khair Muhammad Khairzada, Abdullah Hakimzada, Islamudin
 Ghafari, Safiullha Shirzada, Abbas Khawari), Japan Center for International Cooperation in
 Conservation, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo 12.3
(2 報告)有村誠、邊牟木尚美、原本知実『文化遺産国際協力コンソーシアム 平成22年度 協力相手
 国調査 アルメニア共和国調査報告書』 文化遺産国際協力コンソーシアム 12.3
(2 報告)2010 Survey for International Cooperation, Survey Report on the Protection of Cultural
 Heritage in the Republic of Armenia (Makoto Arimura, Naomi Hemuki, Tomomi Haramoto),
 Japan Consortium for International Cooperation in Cultural Heritage, 12.3
(3 論文)LPPNB Blade Caches at Tell Ain el-Kerkh, North-west Syria Elizabeth Healey,
 Stuart Campbell and Osamu Maeda eds., The State of the Stone Terminologies, Continuities
 and Contexts in Near Eastern Lithics, pp.373-383, Ex Oriente, 11.6
(3 論文)Prehistoric Sites in Northwest Armenia: Kmlo-2 and Tsaghkahovit( M. Arimura,
 B. Gasparyan and C. Chataigner), Matthews, R. and Curtis J. eds., Proceedings of the 7th
 International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East Volume 3, pp.135-149,
 Harrassowitz Verlag, 12.3
(5 学会発表)カザフスタンにおける考古遺跡の地下探査―シルクロード世界遺産登録に向けた支援事
 業(2011年)―(山内和也、金田明大、西口和彦、有村誠) 第19回西アジア発掘調査報告会 池袋サ
 ンシャインシティ文化会館 12.3.24-25
(6 発表)気候変動と文化変容―西アジアにおける8.2kaイベント― 文明の形成にみる環境と文化―レ
 ヴァント考古学の視点から― 早稲田大学 11.12.3
(6 発表)Points with the Palmyran Retouch from Tell Ain el-Kerkh, Syria, 7th International Conference
 on the Chipped and Ground Stone Industries of the Pre-Pottery Neolithic バルセロナ大学 12.2
(6 発表)Development of the Metallurgy in the Near East International Workshop on Conservation
 of Archaeological Bronze Objects at the History Museum of Armenia アルメニア歴史博物館 12.2
(7 所属学会)日本西アジア考古学会
2010年度 (特別研究員)
(2 報告書)『アジナ・テパ仏教寺院考古学調査報告(2006~2008年)』(サイドムロド・ボボムロエフ、
 山内和也、岩井俊平、西山伸一、津村宏臣、有村誠、亀井翼) タジキスタン共和国科学アカデミー歴史・
 考古・民族研究所、東京文化財研究所文化遺産国際協力センター 11.1
(2 報告書)岡田健責任編集・有村誠、秋枝ユミイザベル、安倍雅史編集『アジア文化遺産会議:西ア
 ジアの文化遺産―その保護の現状と課題―』 東京文化財研究所文化遺産国際協力センター 11.3
(2 報告書)山内和也編集・山藤正敏編集補佐『バーミヤーン遺跡保存事業概報―2009・2010年度(第9・
 10次ミッション)―』(山内和也、前田耕作、有村誠、安倍雅史、森本晋、谷口陽子、ファビオ・コロンボ、
 アフマドシャー・ナーデリー、ナジーブッラー・アサディー、グラームハイダル・クシュカキー、ハイ
 ルムハンマド・ハイルザーダ、アブドゥッラー・ハキームザーデ、イスラームッディーン・ガッファー
 リー、サフィーウッラー・シールザーダ、アッバース・カファリ) アフガニスタン・イスラーム共和
 国情報文化省、東京文化財研究所、奈良文化財研究所 11.3
(3 論文)西アジア先史時代のムギ農耕と道具 『麦の自然史』 pp.87-105 北海道大学出版会 10.5
(3 論文)西アジアにおける農耕牧畜のはじまり 『在来家畜研究会報告』25 pp.35-41 10.5
(3 論文)Current Neolithic Research in Armenia (M. Arimura, R. Badalyan, B. Gasparyan and C.
 Chataigner), Neo-Lithics, 1/10 pp.77-85 10.12
(4 翻訳)ピエール・カンボン アフガニスタンにおける仏教遺跡の初期発掘(1924-1925)―パイタヴァ
 とカラチャ― 『佛教藝術』314 pp.63-95 11.2
(5 学会発表)Prehistoric Sites in Northwestern Armenia, 7th International Congress on the
 Archaeology of the Ancient Near East, University College London, 10.4.14
(6 研究会発表)EPPNB in Syria 先土器新石器時代の西アジア―ギョベックリ・テペとその周辺―
 筑波大学プレ戦略イニシアティブ「西アジア文明研究センターの構築」国際シンポジウム 筑波大学 10.12.16
(7 所属学会)西アジア考古学会
2009年度 (特別研究員)
(2 報告書)タジキスタン、アジナ・テパ仏教寺院の保存事業―2008年度の成果―(山内和也、有村誠)
 『平成20年度考古学が語る古代オリエント』 pp.114-119 日本西アジア考古学会 09.3
(2 報告書)『イエメン共和国ハドラマウト地方 洪水による被災文化遺産調査報告』(田代亜紀子、有
 村誠、松尾淳、深見奈緒子、岡村知明) 文化遺産国際協力コンソーシアム 09.6
(2 報告書)L’abri de Kmlo 2 (M. Arimura, C. Chataigner, V. Radu), Mission Caucase, Rapport
 scientifi que 2009, D.G.R.C.S.T. Ministère des Aff aires Etrangères Français, pp.33-38, 09.11
(3 論文)西アジアで生まれた農耕文化 『ユーラシア農耕史3 砂漠・牧場の農耕と風土』 pp. 23-63
 臨川書店 09.6
(3 論文)アルメニアにおける農耕牧畜の始まり 『農耕と都市の発生』 pp.117-139 同成社 09.10
(4 書評)回顧と展望:西アジア・北アフリカ(古代オリエント2) 『史学雑誌』118-5 pp. 287-291 09.5
(5 学会発表)タジキスタン、アジナ・テパ仏教寺院の保存事業―2008年度の成果―(山内和也、有村誠)
 第16回西アジア発掘調査報告会 09.3.15
(7 所属学会)日本西アジア考古学会
2008年度 (特別研究員)
(2 報告)考古学調査 『バーミヤーン遺跡保存事業概報―2007年度(第8次ミッション)―』
  アフ ガ ニスタン文化遺産調査資料集概報第4巻 アフガニスタン・イスラーム共和国情報文化省、
 独立行政法 人国立文化財機構東京文化財研究所・奈良文化財研究所 08.6.30
(2 報告)Archaeological Investigations, Kazuya YAMAUCHI ed., Preliminary Report on the
 Safeguarding of the Bamiyan Site 2007 ―8th Mission―, Recent Cultural Heritage Issues in
 Afghanistan, Preliminary Report Series 4, Ministry of Information and Culture, Islamic Republic
 of Afghanistan, Japan Center for International Cooperation in Conservation, National Research
 Institute for Cultural Properties, Tokyo/Nara, 08.
(2 報告)L’abri de Tsaghkahovit (M. Arimura, A. Balasescu, C. Chataigner, V. Radu), Mission
 Caucase, Rapport scientifique 2008, D.G.R.C.S.T. Ministere des Affaires Etrangeres Francais,
 pp.49-59, 08.11
(2 報告)タジキスタン、アジナ・テパ仏教寺院の保存事業―2008年度の成果―(山内和也、有村誠)
 『平成20年度 考古学が語る古代オリエント』 pp.114-119 日本西アジア考古学会 09.3
(4 翻訳)第4章 肥沃な三日月地帯をこえて 『農耕起源の人類史』 pp.105-152 京都大学学術出版会 08.7
(6 発表)考古学からみた農耕のはじまり 連続公開講座「ユーラシア農耕史―風土と農耕の醸成」第7回
  同志社大学 08.11.22
(6 発表)タジキスタン、アジナ・テパ仏教寺院の保存事業―2008年度の成果―(山内和也、有村誠)
 平成20年度考古学が語る古代オリエント 第16回西アジア発掘調査報告会 古代オリエント博物館 09.3.15
(7 所属学会)日本西アジア考古学会
2007年度 (特別研究員)
(2 報告)L’abri de Tsaghkahovit (C. Chataigner, M. Arimura, V. Radu and A. Balasescu), Mission
 Caucase, Rapport scientifique 2007, pp.46-54, D.G.R.C.S.T. Ministere des Affaires Etrangeres Francais,
 07.12
(2 報告)アフガニスタン、バーミヤーン遺跡保存事業―第8次ミッションの成果―(山内和也、有村誠)
  日本西アジア考古学会編『平成19年度 考古学が語る古代オリエント』 pp.152-157 08.3
(3 論文)La neolithisation de l’Armenie (C. Chataigner, M. Arimura and B. Gasparyan), Les
 dossiers d’archeologie, 321, pp.30-35, 07.6
(3 論文)The Lithic Industry of the Early PPNB Layers at Tell Ain el-Kerkh, Northwest Syria,
 Technical Systems and Near Eastern PPN Communities, pp.137-151, Antibes, 08.2
(4 編集)『バーミヤーン遺跡保存事業概報―2006年度(第6・7次ミッション)―』
 (アフガニスタン文化遺産調査資料集 概報第2巻) 東京文化財研究所・奈良文化財研究所 07.12
(4 編集)Preliminary Report on the Safeguarding of the Bamiyan Site 2006-6th and 7th Missions-
 (Recent Cultural Heritage Issues in Afghanistan Preliminary Report Series 2), Ministry
 of Information and Culture, Islamic Republic of Afghanistan and National Research Institute
 for Cultural Properties, Tokyo, Nara, 07.12
(6 発表)アフガニスタン、バーミヤーン遺跡保存事業―第8次ミッションの成果―
 第15回西アジア発掘調査報告会 古代オリエント博物館 08.3.16
(7 所属学会)日本西アジア考古学会
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所