東京文化財研究所 > IPM関連資料一覧

IPM関連資料一覧

「IPM」とは

文化財保存における虫菌害対策は、被害が起きてから対処するのではなく、被害を未然に防ぐ予防保存の考え方が大切です。その実践的な取り組みのひとつである「文化財IPM(Integrated Pest Management、総合的有害生物管理)」は文化財を加害する生物に対して、物理的、生物的、化学的な防除方法を合理的に組み合わせて用いることで、被害を未然に防ぐ保存管理体制のことを指しています。

ここでは、東京文化財研究所保存科学研究センターが編纂した、IPMに関する資料や報告書、ポスターを掲載しました。館の日常業務にお役立ていただけたら幸いです。

カビのコントロールについて 臭化メチル
臭化メチル代替法
カビの制御 生物被害対策
カビ防止チャート 収蔵環境
生物被害ガイドチャート
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所