東京文化財研究所 > 刊行物 > イタリアの「1972年修復憲章」(論文・翻訳)

イタリアの「1972年修復憲章」(論文・翻訳)

戻る
 イタリアの「1972年修復憲章」は、現代の修復理念の基礎を築いたチェーザレ・ブランディの概念を反映していると言われ、1977年Einaudi社版の著書『修復の理論』、(Cesare Brandi, Teoria del Restauro)の巻末に収められています。世界の多くの憲章や文書が主に建造物を対象としているのに対し、イタリアの「1972年修復憲章」は動産文化財もその範疇に含んでいる点が特徴的かつ希少です。
 本憲章は、考古学遺物、建造物、美術品、歴史的地区等の分類に従って詳細に文化財の保存修復のあり方を明文化し、イタリア全土に統一された認識を敷衍させようとしたもので、修復理念の発展過程を示す重要な歴史的文書であると言えます。
 以下、『ヨーロッパ諸国の文化財保護制度と活用事例報告書[イタリア編]』(東京文化財研究所、平成18年発行)に所収の「1972年修復憲章」に関する論文と翻訳(pp.174-186)を改訂しました。
・【論文】イタリアの「1972年修復憲章」について (PDF)
     鳥海(大竹)秀実
・【翻訳】翻訳「1972年修復憲章」 (PDF)
     森田義之・鳥海(大竹)秀実
※本憲章は、当研究所において遂行されている「文化財修復材料と伝統技法に関する調査研究」に関連するため、改訂版を当ウェブサイトにて公開いたしました。なお、2005年発行の日本語訳『修復の理論』(三元社)には含まれていない部分となります。 (保存科学研究センター)
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所