無形文化遺産部の紹介

無形文化遺産部は、無形文化財、無形民俗文化財及び文化財保存技術という日本の無形文化遺産全般を対象として、その保存継承に役立つような基礎的な調査研究を実施しています。また無形文化遺産の重要な保護手法である音声・映像による記録については、その作成の実施とともに新たな手法開発についての研究を行っています。※2006年4月1日、「芸能部」より改組改称しました。

» スタッフ一覧
» 活動報告

◆無形文化財研究室

古典芸能、伝統的工芸技術、及び文化財保存技術について、伝承実態の調査や技法技術の変遷の研究など、その保護に資するための基礎的調査研究を行っています。

◆無形民俗文化財研究室

風俗慣習、民俗芸能、及び民俗技術などの無形民俗文化財について、その保護に資するための基礎的調査研究を実地調査に基づいて行っています。また、現実的な課題について全国の関係者との協議を実施し、その対策の検討も行っています。

◆音声映像記録研究室

無形文化遺産に関する記録のアーカイブ化、記録作成手法についての研究を行っています。また無形文化財、無形民俗文化財及び文化財保存技術の現状を把握し、後世へ継承するために、それらの音声・映像記録を作成しています。

PAGETOP
Copyright © 東京文化財研究所 無形文化遺産部 All Rights Reserved.