本データベースは、『日本絵画史年紀資料集成 十―十四世紀』(1979年)、『日本絵画史年紀資料集成 十五世紀』(2011年)に採録された年紀資料にもとづきつつ、さらに資料の収集をすすめたうえで、作品名・所蔵者名・銘文などの各項目内容から検索ができるように整えたもので、現在 4,184 件登録しています。



指樽(吉地自治会) 文禄2年 (1593)
染付雷文敷板(兵庫陶芸美術館) 天保10年 (1839)
花鳥文四方皿土型(兵庫陶芸美術館) 文政6年 (1823)
脇差(個人蔵) 天保11年 (1840)
槍(個人蔵) 弘化2年 (1845)
脇差(石見安達美術館) 嘉永4年 (1851)
太刀(石見安達美術館) 嘉永5年 (1852)
槍(個人蔵) 嘉永6年 (1853)
刀(個人蔵) 安政5年 (1858)
脇差(個人蔵) 安政6年 (1859)
刀(個人蔵) 元治元年 (1864)
短刀(広島護国神社) 元治2年 (1865)
脇差(個人蔵) 元治2年 (1865)
脇差(個人蔵) 元治2年 (1865)
刀(個人蔵) 慶応2年 (1866)
刀(個人蔵) 慶応2年 (1866)
刀(広島城) 慶応2年 (1866)
短刀(個人蔵) 慶応2年 (1866)
懸仏(阿弥陀如来)(善楽寺) 天文18年 (1549)
刀(安芸高田市歴史民俗博物館) 慶応元年 (1865)
鰐口(岩本寺) 貞和5年 (1349)
儀仗鉾(熊野本宮大社) 文正元年 (1466)
金銀装宝剣拵 後藤琢乗作 附 銅鍍金銀箱(熊野那智大社) 寛永13年 (1636)
地蔵菩薩坐像(大泰寺) 貞和3年 (1347)
経筒(美濃国法明寺銘)(熊野那智大社) 保元元年 (1156)
古神宝類 金銀装鳥頸太刀(熊野速玉大社) 明徳元年 (1390)
文台・硯箱(熊野本宮大社) 寛正6年 (1465)
金銅装獅子文説相箱(醍醐寺) 文化4年 (1807)
刀 銘 生過タリヤ廿五 都筑氏 寛文八年申五月吉日(熱田神宮) 寛文8年 (1668)
短刀 銘 来国俊 正和五年十一月日(熱田神宮) 正和5年 (1316)
武蔵野隅田川図乱箱(大和文華館) 寛保3年 (1743)
太刀 銘 表 備州長船景光 裏 元亨三年二月日 附 朱笛巻塗鞘大小拵(大)(一般財団法人松井文庫) 元亨3年 (1323)
太刀 銘 表 応松井君国老之求奉献昌直自造帯之以為世宝 裏 寛政甲寅春正月  附 青貝微塵家紋蒔絵鞘糸巻太刀拵(一般財団法人松井文庫) 寛政6年 (1794)
神鏡(熊野本宮大社) 享保16年 (1731)
薬師如来坐像懸仏(清瀧寺) 文和3年 (1354)
六角宝幢形経筒(個人蔵) 永禄2年・永禄2年・弘治3年 (1559)
蔵王権現懸仏(前神寺) 永享10年 (1438)
漆塗三脚盤(最御崎寺) 康暦元年 (1379)
太刀 銘 山城国西陣住人埋忠明寿(花押)(京都国立博物館) 慶長3年 (1598)
閼伽桶(鰐淵寺) 天文13年 (1544)
金銅装宝篋印塔(称名寺) 永仁5年 (1297)
狐根付(個人蔵) 文化9年 (1612)
菊置上唐櫃(個人蔵) 文化13年 (1816)
雪月花扇面画賛文台(細見美術館) 文化7年 (1810)
経筒外容器(京都国立博物館) 仁平3年 (1153)
鳥衾瓦(正龍寺) 天文19年 (1550)
梵鐘(亀山本徳寺) 永禄9年 (1566)
鬼瓦(亀山本徳寺) 永禄9年 (1566)
脇差・拵(公益財団法人宇和島伊達文化保存会) 建武元年 (1334)
銅造 獅子・狛犬(個人蔵) 慶長18年 (1613)
to page top