東京文化財研究所 > 研究所概要 > トピックス1

研究所概要 トピックス1

戻る

伝統技術とその材料に関する調査研究
Research on traditional techniques and materials

 無形文化遺産部と文化財情報資料部、保存科学研究センターでは、平成26年度より染織文化財の技法・材料に関する基礎調査研究を続けています。本事業では、染織文化財の技法・材料の解明の基礎情報となる文献資料に記された技法・材料に関する情報の整理および今日までの染織文化財の自然科学的な調査研究に関する情報の整理を推進しています。

 The Department of Intangible Cultural Heritage, Department of Art Research, Archives and Information Systems and the Center for Conservation Science have been continuing basic research and study on textile techniques and materials from fiscal year 2014. The project promotes collection of information documented in archival sources which provide basic data for techniques and materials used for textile properties and organization of information regarding natural scientific research on textile properties.


剥いだ芭蕉の繊維
Banana fiber


芭蕉布制作技術の調査
Survey on techniques of making banana fabric: peeling off banana fiber



文化財に用いられた繊維に関する科学的調査
Scientific research on fibers used in cultural property

 保存科学研究センターでは、絵画の基底材や染織品などに使用された繊維の識別について調査を行っています。絹布を構成する繊維の三次元形状の測定を行うことで、製作年代や技法の解明を目指しています。植物繊維については日本では木綿・麻に加えて自然布と言われる芭蕉・葛・科・藤などが使用されてきた歴史があり、これらの識別について検討しています。この研究は無形文化遺産部、文化財情報資料部と強く連携しながら行っており、異なる専門分野間での共同事業が可能になっています。

 The Center for Conservation Science has been conducting research on identification of fiber used in paintings and textiles, closely cooperating with the Department of Intangible Cultural Heritage and the Department of Art Research, Archives and Information Systems. By using the method of measuring 3-dimensional shape of silk fiber, it is considered possible to clarify the manufacturing techniques and categorizing. The research also aims to distinguish the kinds of bast fiber, not only ramie and hemp but also Japanese banana, wisteria and others.


作品に使用された繊維の観察
Observation of fiber used in a historical document

©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所