東京文化財研究所 >第53回オープンレクチャー かたちからの道、かたちへの道
第53回オープンレクチャー
かたちからの道、かたちへの道
 
10月1日(火)より申し込み受付を開始いたします。
しばらくお待ちください。
上野の山文化ゾーンフェスティバル (台東区のウェブサイトが開きます)

2019年11月1日(金)
午後1時30分~ 於 東京文化財研究所・地下セミナー室
大徳寺伝来五百羅漢図と『禅苑清規』―描かれた僧院生活―
米沢 玲(東京文化財研究所 文化財情報資料部 研究員)
広隆寺講堂阿弥陀如来坐像のかたちと込められた願い―願主「永原御息所」の人物像を起点として―
原 浩史(慶應義塾志木高等学校 教諭)
 
2019年11月2日(土)
午後1時30分~ 於 東京文化財研究所・地下セミナー室
日本唯一の伝世洋剣、水口レイピアの調査と研究
小林 公治 (東京文化財研究所 文化財情報資料部 広領域研究室長)
SPring-8による刀剣研究最前線:制作技術の解明に向けて
田中 眞奈子 (昭和女子大学 歴史文化学科 専任講師)



page top
東京文化財研究所