第15 近代の文化遺産の保存修復に関する研究会

大型構造物の保存修復と活用

東京文化財研究所修復技術部では、平成10年に開催した国際研究集会「近代の文化遺産の 保存と活用」を期に、航空機、船舶、鉄道と2年ごとにテーマを変えて研究調査を続けています。
今年度は「大型構造物の保存修復と活用」について研究会を開催します。文化財としての大型構造物の保存修復をどのように扱うべきか、実際にさまざまな立場で進められている方々からお話を聞く貴重な機会になると思います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

なお、お手数ではございますが、参加を希望される方は101日()までにお知らせいただければ幸いです。

日  時 平成16年10月4日(月) 時間未定(後日発表)
会  場 東京文化財研究所 セミナー室(地下1F)
講演者
及び講演内容
9:00 受付開始
9:20 開会挨拶
9:30 「碓氷峠鉄道施設の保存修復」
森井
 順之(東京文化財研究所修復技術部)
10:00 「近代土木遺産の保存と利活用」
伊東 孝(日本大学理工学部社会交通工学科)
10:40 「要塞砲台の建設と残存状況」
原 剛(防衛研究所史料室)
11:20 「近代化遺産としてのドライドック」
西澤 泰彦(名古屋大学大学院環境学研究科)
12:00 質疑応答
12:20 閉会挨拶
お問い合わせ

東京文化財研究所修復技術部 (担当:川野邊、森井、是澤)

住所:110-8713 東京都台東区上野公園13-43

TEL:03−3823−4923/FAX:03−3823−4835

E-mail: koresawa@tobunken.go.jp