日韓共同研究・2005年度研究報告会

「石造文化財の劣化と周辺環境」

 東京文化財研究所修復技術部では、大韓民国・国立文化財研究所、 豊後高田市と共催で、石造文化財、特に磨崖仏の保存修復について、下記の通り研究報告会を開催します。今回は、重要文化財及び史跡・熊野磨崖物の位置する 豊後高田市を会場とし、以下の通り実施いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております(参加費無料)。

日  時 平成17年11月18日(金) 13:00〜16:00 (12:30受付開始)
会  場

豊後高田市真玉公民館ホール(豊後高田市中真玉2144番地12)
<交通>
●JR宇佐駅より自動車で15分
●自動車の場合:北九州方面、大分方面(宇佐駅)ともに国道10号線を宇佐市岩崎の交差点で国道213号線へ。岩崎の交差点より15分。

主  催

・独立行政法人文化財研究所 東京文化財研究所
・大韓民国文化財庁 国立文化財研究所
・豊後高田市教育委員会

講演者(予定)

・朽津 信明(東京文化財研究所国際文化財保存修復協力センター)
・森井 順之(東京文化財研究所修復技術部)
・金 思悳(韓国・国立文化財研究所)
・愼 銀貞(韓国・国立文化財研究所)

お問い合わせ

東京文化財研究所修復技術部 (担当:森井)
住所:110-8713 東京都台東区上野公園13-43
TEL:03−3823−4924/FAX:03−3823−4835
E-mail: morii@tobunken.go.jp

>> BACK <<