第3回 文化財の防災計画に関する研究会 
震災から美術工芸品をまもる
これまで東京文化財研究所では「第1回 文化財防災への道」、「第2回 震災から文化財をまもる」と研究会を開催してまいりました。今回は美術工芸品に焦点をあてて、行政や博物館・美術館の危機管理体制や大災害発生後の文化財救援活動、災害で被災した美術工芸品の保存修復方法について講演・議論を進めてゆきたいと考えております。
日 時: 平成19年1月29日(月) 14:00〜 (開場 13:30)
場 所: 東京文化財研究所 地階セミナー室

講演者:
敬称略

奥村 弘 (神戸大学)
宇田川 滋正 (京都造形芸術大学)
村田 忠繁 (元興寺文化財研究所)
本田 光子 (九州国立博物館)
参加を希望される方は、お手数ではございますが、メール、FAX、TELにて、氏名・連絡先・所属機関名・専門分野をお知らせください。当日参加も可能です。どうぞお気軽にお越しください。
−お問合わせ・申し込み先−
東京文化財研究所 修復技術部 (担当:加藤寛、森井、高尾)
住所:〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43
TEL:03−3823−4922/FAX:03−3823−4835
E-mail:takao@tobunken.go.jp
(上記アドレスは一部全角になっております。お手数をおかけいたしますが、打ち直してご利用ください)