アジア諸国等文化遺産保存修復協力

アジア地域は、多くの貴重な文化遺産を有し、わが国との文化的交流も緊密ですが、文化遺産保護体制や専門技術の水準において未だ課題を抱えている国が少なくありません。また、環境要因や開発圧力、さらには紛争や自然災害等から文化遺産をいかに守るかは世界に共通した課題です。このため、保存修復や管理活用に関する技術支援や調査研究の実施等を通じて、各国における文化遺産保護体制の整備や技術移転等に協力しています。

国際共同研究等を通じて、諸外国の保存修復及び管理活用に関する考え方や手法に関する研究を進め、国際協力を推進するための基盤を築いていきます。その成果をもとにアジア地域を主とする諸外国において文化遺産保護協力事業を推進していきます。

現在進めている事業

  • カンボジア・アンコール遺跡群やミャンマーをはじめとする東南アジア地域等の文化遺産保護に関する調査研究及び保護協力事業。
  • 西アジア地域等の文化遺産保護に関する調査研究。また、同地域及び周辺地域(コーカサス等)における文化遺産保護協力事業に向けた予備調査をイラン・アルメニア等において実施。

Thai Thai
コンパクトカメラとスマートフォンによる3Dデー
タ作成用写真測量(カンボジア・タネイ寺院)
インワ・バガヤ僧院での木造建造物保存研修の様子(ミャンマー)