東京文化財研究所 > 文化財情報資料部 > 資料閲覧室 > 尾形光琳筆 国宝「紅白梅図屏風」デジタルコンテンツの閲覧にあたって
 

尾形光琳筆 国宝「紅白梅図屏風」
デジタルコンテンツの閲覧にあたって


  下記の注意をご覧になってからご利用ください。
   

本デジタルコンテンツは、平成13〜17年度に東京文化財研究所・情報調整室(現文化財情報資料部)「画像形成技術の開発に関する研究」および保存科学部「非破壊測定法の改良研究及び新手法の研究」プロジェクトの一環として行ったMOA美術館・東京文化財研究所の共同研究(平成15〜17年度)による成果を公開するものです。
本デジタルコンテンツはMOA美術館の許諾を得て公開しています。
利用は閲覧に限られ、印刷・複製は一切できません。
閲覧をご希望の方は、閲覧室カウンターにお申し出ください。
一回の閲覧時間は30分を目途にしてください。
他に閲覧希望者がいない場合は、延長が可能です。
閲覧終了後は、マウスを閲覧室カウンターまでご返却ください。
書籍での閲覧希望の方は、下記資料をご覧ください。
東京文化財研究所関連出版物(開架資料)に配架してあります。
    MOA美術館・東京文化財研究所編
     『国宝 紅白梅図屏風』(中央公論美術出版社、2005年3月31日刊)
本デジタルコンテンツの著作権および作品の所蔵権は、東京文化財研究所・MOA美術館に帰属します。

戻る | 
 © 独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所