異文化受容と美術 ミニ・シンポジウムのご案内

東京文化財研究所美術部では、研究プロジェクト「日本における外来美術の受容に関する調査・研究」を進めています。その一環として以下のような趣旨でミニ・シンポジウムを開催いたします。ふるってご参加ください。詳細については随時、ホームページに掲載しますのでご覧ください (http://www.tobunken.go.jp) 。

 日本の美術史にとって、中国や朝鮮・西洋などの美術の受容が極めて重要であることは言うまでもありません。この問題については、様々な時代やジャンルについて語られていますが、受容や影響の語のもとに一面化される傾向があり、また、無前提に設定された語りの枠組みが視野を狭め、問題の広がりとその解明を阻害していることもあるようです。
  当研究所美術部では、美術に見られる異文化受容にかかわる諸現象と、それについての語りの枠組みを点検・整理しながら、時代やジャンルにおける差異と共通性を明らかにし、全体の見取り図を描くことを目指しています。
  具体的には、1)時代別の受容の実態とそれについての言説の問題点を横軸に、2)時代を通じて現れる事象、例えば異文化を伝えたメディアや異文化接触の場、異文化イメージとメタ受容などの問題を縦軸として、共時的分析と通時的分析を綴り合わせ、さらに、3)異文化受容の特異点ともいえる事象を加えて研究を進めています。

第1回 ミニ・シンポジウム

崔 聖 銀 氏 (韓国・徳成女子大学校教授)
「高 麗 初 期 石 造 菩 薩 像 に つ い て」

 ※発表は日本語で行われます。

コメンテーター  朴 亨 國 氏(武蔵野美術大学助教授)

 第1回の研究会は、韓国・徳成女子大学校の崔聖銀教授をお迎えし、高麗初期の石造菩薩像をめぐって、ご発表をいただきます。韓国語圏において彫刻史研究がどのように行われているかを知るまたとない機会です。発表は、外来受容の問題を韓国の視点から発表いただく予定です。あわせて、日本彫刻史において、半ば当たり前に使っている用語・見方がいかに閉じられた世界に近いものであるのか等、これまで独自に歩んできた日本における彫刻史研究を、中国語圏・韓国語圏・日本語圏を含めた東アジアの美術史研究のなかで相対化し、見つめ直す機会となれば幸いです。 なお、この第1回ミニ・シンポジウムは彫刻史研究会との共催になります。

日 時: 2005年 1月26日(水) 14:00−17:00
受 付: 13:30〜
場 所: 東京文化財研究所 セミナー室(地下一階)
定 員: 100名
申し込み: 不要

第2回 ミニ・シンポジウム 

クリスティン・グース氏
“Japanese Curiosities, Curios, and Art: The Role of Changing Epistemologies in Transcultural Collecting” (仮題)

 ※発表は英語。日本語の逐次通訳がつきます。

佐藤道信氏(東京藝術大学助教授)
題目未定


 グース氏には異文化間における収集活動について、佐藤氏には明治期における人とモノの海外交流について、それぞれ発表していただく予定です。

日 時: 2005年 3月16日(水) 14:00−17:00
受 付: 13:30〜
場 所: 東京文化財研究所 セミナー室(地下一階)
定 員: 100名
申し込み:不要


問い合わせ先

独立行政法人文化財研究所  東京文化財研究所美術部  

 〒 110 − 8713 東京都台東区上野公園 13 − 43
 TEL 03- 3823-4860( 津田 )  または  03- 3823-4862( 鈴木 )
 E-mail tsuda@tobunken.go.jp  または  hsuzuki@tobunken.go.jp