東大戦没学生記念像建立を拒否

1950年12月

さきに完成された本郷新制作の戦没学生記念像「わだつみのこえ」は建立地を東大構内に選び日本戦没学生記念会より同大学に寄附されたが、学校当局はこれを拒否した。

雲崗石窟研究出版に文部省で補助

1950年12月

京大人文科学研究所水野清一、長広敏雄両教授らの雲崗石窟調査の成果は資金の不足から出版不能を惜しまれていたが、文部省ではこれに対し一六〇〇万円を補助し出版を進めることになつた。 

映画「美の殿堂」製作

1950年12月

国立博物館では日本美術の名作を紹介するため「美の殿堂」の製作を開始した。

日比谷公園の銅像盗まる

1950年12月

日比谷公園事務所脇にあるブロンズ牝狼の乳をのむ二人児の一方が二七日持去られた。

文化財保護委員会専門委員決定

1950年12月

文化財保護委員会では文化財保護法に基いて専門審議会の専門委員を二一日正式に決定発表した。 第一分科(美術工芸)明石国助他三九名、第二分科(建造物)大熊喜邦他一〇名、第三分科(史跡名勝天然記念物)石井満吉他二三名、第四分科(無形文化財)折口信夫他二三名、計九五名。[会長]辻善之助[副会長]和辻哲郎

重要美術指定解除

1950年12月

文化財専門審議会では二一日第一回総会において重要美術品五一件の指定を解除した。

学術会議当選者発表

1950年12月

日本学術会議会員第二回選挙の結果が一一、二両日上野学士院会館で開票発表された。

法輪寺境内を発掘

1950年12月

法隆寺の原型が法輪寺ではないかとの学界のなぞを解くため国立博物館石田茂作らが二日奈良県法輪寺境内の発掘を行つた。

出版美術家連盟結成

1950年11月

出版美術家の地位の向上と生活権擁護を目的として、岩田専太郎を理事に会員約二〇〇名の出版美術家連盟が発足した。

無形文化財の保存

1950年11月

文化財保護委員会では大倉流の能狂言小謡 茂山弥五郎の「京童」ほか二五曲をレコードにとつて保存することになつた。

フランス美術文化映画来る

1950年11月

ゴツホ、ロダン、マイヨール、マチス等の作品をあつかつた文化映画が輸入紹介されその巧みな手法が注目された。

to page top