第21回倫雅美術奨励賞受賞者決定

記事番号:05010
年月:2009年11月

優れた美術評論や美術史の研究を顕彰する倫雅美術奨励賞(主催:公益信託倫雅美術奨励基金)の第21回目の受賞者が6日、発表され、角田拓朗(「五姓田のすべて」展(神奈川県立歴史博物館 2008年)の企画と図録論文に対して)、速水豊(『シュルレアリスム絵画と日本』(NHKブックス 2009年)に対して)が受賞者となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top