野呂介石展開催

記事番号:05007
年月:2009年10月

池大雅に学び、優れた文人画家として18世紀後半から19世紀初頭に郷里の紀州で活躍した野呂介石の画業を編年的に跡づける「野呂介石-紀州の豊かな山水を描く」展が27日から12月6日まで和歌山県立博物館で開催された。師の鶴亭、大雅や弟子たちの作品を含む187点が展示され、文人画の隆盛が地方に及んださまを浮き彫りにする展観となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top