第21回国華賞受賞者決定

記事番号:05001
年月:2009年10月

日本・東洋美術に関する優れた研究に対して贈られる国華賞の第21回目の受賞者は小川裕充『臥遊-中国山水画 その世界』(中央公論美術出版 平成20年)に決定した。国華賞(展覧会図録賞)は塚本麿充「崇高なる山水-中国・朝鮮、李郭系山水画の系譜」展図録(平成20年10月、大和文華館)、国華奨励賞は森実久美子「華厳海会諸聖衆曼荼羅についての一考察-図様の源泉と思想背景を中心に」(『国華』1362号 平成21年4月)に贈られることに決まった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top