文化勲章受章者、文化功労者決定

記事番号:04952
年月:2008年10月

政府は28日、2008年度の文化勲章受章者、文化功労者を発表した。美術関係では、澄川喜一(77、彫刻家として日本的な感性に基づく、研ぎ澄まされた抽象彫刻を発表し続け、地域の文化振興にも貢献したことに対して)、奥田小由女(71、丹念に彩色する技法と今日的で自由な発想をあわせ持ち、創造的な作品を発表し続け、工芸界の発展に貢献したことに対して)が文化功労者に選ばれた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top