高松塚古墳石室解体承認

記事番号:04831
年月:2006年09月

奈良県明日香村の特別史跡・高松塚古墳壁画の保存について、石室を取り出して解体修理を行う方法が適当であるとの方針が昨年度、決定されている。文化庁は14日、石室内部を報道公開して劣化状況などの取材に応じ、15日には文化審議会が石室解体や発掘に伴う古墳の現状変更を承認して石室解体が正式に認められた。10月2日から発掘調査を開始し、2007年3月から約2ヶ月間で石室を解体する予定。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top