「伝説の浮世絵開祖 岩佐又兵衛」展開催

記事番号:04743
年月:2004年10月

江戸時代初期に活動し、後に「浮世絵の開祖」とよばれ「伝説的な存在」となっていた岩佐又兵衛の実像に迫ろうとする展覧会が、10月9日より、千葉市美術館で開催された。国指定重要文化財の「人麿・貫之図」、「山中常盤物語絵巻」、「浄瑠璃物語絵巻」(以上、MOA美術館蔵)などの代表作をはじめ82点によって構成され、今日までの評価の変遷を加えた多角的な視点をもって展示された。(会期、11月23日まで。)

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top