芸術院新会員決定

記事番号:04414
年月:1997年11月

日本芸術院(犬丸直院長)は21日、今年度の新会員の内定者を発表した。美術関係では日本画の郷倉和子(83)、白鳥映雪(85)が選ばれた。郷倉和子は父郷倉千靭も1972年に会員となっており、親子会員では19組目にあたる。総会の承認を得て、12月15日付けで町村信孝文相が発令する。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top