法隆寺の「百済観音像」パリのルーブル美術館に展示

記事番号:04403
年月:1997年09月

9日から10月13日まで、フランスのルーブル美術館で法隆寺の百済観音像が展示された。前年、橋本竜太郎内閣総理大臣とフランスのシラク大統領の日仏首脳会談で日仏国宝級美術品交換展開催が決定されたのを受けて、両国文化交流の一環である「フランスにおける日本年」の企画のひとつとして行われるもので、国宝百済観音が国外に展示されるのはこれが初めて。帰国展は11月26日から12月21日まで、東京国立博物館で特別展観「百済観音」として行われた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top