日本芸術院新会員決定

記事番号:04278
年月:1994年11月

日本芸術院(犬丸直院長)は、18日、今年度の会員補充選挙を行い、新たに10氏を会員とすることを内定、美術関係からは、日本画家福王寺法林、松尾敏雄、洋画家芝田米三鶴岡義雄、彫塑の雨宮敬子が選ばれた。日本芸術院の定員は、120人だが、これで会員数は111人となった。この内定は、総会の承認を経て、12月15日付で文部大臣から発令された。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top