連続シンポジウム「美術(bi-jutsu)―その近代と現代をめぐる10の争点」開催

記事番号:04269
年月:1994年09月

同月から、平成8年秋まで近、現代美術の諸問題をめぐる10回にわたる連続シンポジウムが開催される。(主催:日仏会館、シンポジウム「美術」実行委員会)企画責任者は、イザベル・シャリエ(神戸大学講師)、木下長宏(京都芸術短期大学教授)。第一回は9月24日に、東京日仏会館においておこなわれ、「美術における近代と現代」(イザベル・シャリエ)、「美術史学の近代と現代」(佐藤道信、東京芸術大学助教授)の二講演のあと、木下長宏司会による討議がおこなわれた。以後、約二ヶ月に一回、東京と関西で交互におこなわれる。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top