日本美術学校再開

記事番号:04251
年月:1994年04月

1916年に東京・早稲田に設立され、1988年に閉校するまで林武、瑛久など数多くの作家を輩出した日本美術学校が、12日、埼玉県大宮市で再開された。同校は戦後、大学への移行措置をとらなかったことから経営悪化に陥り閉校したが、学校再建委員会を兼ねた校友会が中心となり、学校法人佐藤栄学園の出資により再開されることとなった。修了年限2年の専門学校で日本画、洋画、彫刻の3科が設置され、定員は40名。今後デザイン科の設置も予定されている。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top