「再制作と引用」展

記事番号:04214
年月:1993年09月

インスタレーション等の出現によって顕在化してきた美術における再制作と、従来から作品制作の手法として用いられてきた自作、他作の引用をテーマに現代美術作品約60点を展示する「再制作と引用」展が18日から東京の板橋区立美術館で開かれた(~10.24)。作品のオリジナリティーの問題、美術品の価値基準の問題等を提起する展観となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top