縄文期の村、完全出土

記事番号:04174
年月:1992年11月

群馬県利根郡月夜野町の矢瀬遺跡から、13日までに、住居址・配石墓群、水場、祭祀場などを備えた縄文時代の村がほぼ完全に出土した。村を構成する主要な遺構が完全な形でそろって出土したのは縄文期のものでは初めて。また祭祀場には、これまで日本海側の環日本海文化圏に限られていた巨木列柱が確認され、考古学のみならず宗教学的にも関心を集める発見となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top