愛知芸術文化センター開館

記事番号:04172
年月:1992年10月

美術館、芸術劇場、文化情報センターを含む複合芸術文化施設として、愛知県が昭和58年から準備を進め平成元年建設に着手した愛知芸術文化センター(名古屋市東区東桜1-13-2)が、30日開館した。延床面積109602㎡、地上12階、地下5階の総工費705億円をかけた同センターの中で、8階から12階までを占める美術館は、企画展を行なう愛知県美術館と団体展などの貸会場となる愛知県美術館ギャラリーからなり、総展示面積約6000㎡は国内の公立美術館で最大級。収蔵品は現在約3000点。開館記念展として「フォーヴィスムと日本近代洋画」(30日~12月20日)が開催された。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top