東京国立博物館120周年

記事番号:04165
年月:1992年10月

明治5年の創立以来120周年を迎えた東京国立博物館では、13日から11月23日まで、463点の名品による特別展「日本と東洋の美」と、東洋館特別展示室で288点の歴史資料による特別展観「目で見る120年」を開催した。また7月31日には、同館主催の夏季講座の最終日に「博物館の在り方」をテーマとしたシンポジウムを開催、パネリスト8名による博物館への提言や注文ののち、全体討議を行った。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top