香取正彦賞設立

記事番号:04034
年月:1990年12月

昭和63年に死去した金工家香取正彦の業績を記念し、金工界の発展に寄与することを目的に、同賞運営委員会によって運営される香取正彦賞が設けられた。同賞は日本の展覧会に出品された金工作品で、「工芸として用の伝統に立脚し、技術と造形における創造性を追求した作品」の中から特に優れた業績を示した作品、あるいは将来性を認められた作品に対して贈られる。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top