第12回神戸須磨離宮公園現代彫刻展大賞決定

記事番号:04022
年月:1990年10月

1968年から「都市における彫刻のあり方の追求」をめざしてビエンナーレ形式で行なわれている神戸須磨離宮公園現代彫刻展が1日に開幕し、大賞に当たる神戸市長賞に植松奎二「凪のとき-赤いかたち/浮」が選ばれた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top