第14回吉田五十八賞決定

記事番号:03958
年月:1989年12月

建築家吉田五十八の業績を顕彰して昭和51年に設立された吉田五十八賞の第14回受賞者は、建築の部では小平市の東京サレジオ学園内ドンボスコ記念聖堂と小聖堂を設計した坂倉建築研究所の阪田誠造と藤木隆男、建築美術の部では同学園の各聖堂内一連の美術作品を制作した坂本和正、横尾竜彦、イワタ・ルリ、林良子、特別賞はその総合計画、建設、制作に協力した同学園長の村上康助と園舎移転改築事業担当の関口幹子に決定した。 

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top