「室町時代の美術」展

記事番号:03944
年月:1989年10月

室町文化の複雑な諸相を400件の美術工芸品によって多角的に紹介する「室町時代の美術」展が10日から11月19日まで東京国立博物館で開催された。「将軍と武家」「宮廷と貴族」「唐物とその影響」「唐物数寄から侘び数寄への展開」「禅林」「芸能」「生活と信仰」の7つのテーマに分け、従来の室町文化観に再考を促す契機となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top