琉球王朝尚家の遺品、台東区へ寄贈

記事番号:03876
年月:1988年11月

明治維新までの400年間、沖縄を統治した琉球王朝尚家の遺品が、尚家22代当主尚裕より台東区に寄贈されることが、24日までに決まった。古文書、衣装、刀剣など約1400点が一括寄贈され、台東区では、来春にも保存・研究財団を設立する予定。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top