盗難名画密売事件解明

記事番号:03766
年月:1987年11月

19世紀フランスの画家カミーユ・コローの「夕暮れ」「帽子をかぶった少年」などルーブル美術館から貸し出されていた5点が、3年前フランスのスミュール・アン・オクソワ市立美術館から盗まれ日本で密売されていた事件の全容が、5日までに警視庁によってほぼ解明された。国際的窃盗・密売ルートが浮かび上がり、海外からの美術品輸入が急増している中で日本を市場として繰り広げられた事件として波紋を投げかけた。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top