松井文庫から重文級10数点確認

記事番号:03719
年月:1986年12月

昭和59年以来、財団法人松井文庫(細川護貞理事長、熊本県八代市)の依頼により、同コレクションの調査を進めている熊本県立美術館は、これまでに室町時代の歌人三条実隆直筆の連歌「伊庭千句」など重文級の作品10数点を確認した。調査は10年がかりの予定で、これまで調査を終えた作品は全体の1割の約600点。今後の成果に期待が寄せられている。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top