パリで「前衛芸術の日本展」開催

記事番号:03718
年月:1986年12月

近年欧米でとみに高まっている日本の近現代美術への関心を反映し、日本の近現代芸術の総合展として「前衛芸術の日本展」が、9日から翌年3月2日まで、パリのポンピドーセンターで開催された。同展には、造形芸術を中心に、建築、デザインなど関連各分野を網羅した総計750件が展示され、日本の近現代美術紹介の展覧会としては最大規模の展覧会となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top