日本芸術院新会員決定

記事番号:03659
年月:1985年11月

日本芸術院(有光次郎院長)は20日、60年度の会員補充選挙の開票を行ない、新会員6名を内定。第1部(美術)では、皮革装飾の大久保婦久子、書の村上三島、建築の大江宏が選ばれ、12月5日付で文相から発令された。大久保婦久子は夫の洋画家大久保作次郎に続く会員就任で、夫婦会員は前田青邨・荻江露友(邦楽)に次いで2組目。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top