写実の系譜1-洋風表現の導入-展

記事番号:03648
年月:1985年10月

江戸中期から明治にかけて写実的傾向の画風を展開した画家、幕末明治の洋画家などの作品約200点を集めた展覧会が、12日から11月24日まで東京竹橋の東京国立近代美術館で開催された。今回は写実の系譜シリーズの第1回で、東京展のあと大阪でも開催された。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top