第8回山種美術館賞決定

記事番号:03609
年月:1985年03月

日本画の育成と新人発掘を目的に昭和46年以来隔年制で実施されてきた山種美術館賞の第8回受賞者が、11日の選考会で決定し発表された。大賞に岩沢重夫「古都追想」、優秀賞に滝沢具幸「地」、米谷清和「暮れてゆく街」がそれぞれ選ばれた。同賞展は30日から5月19日まで東京兜町の山種美術館で開催された。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top