正倉院宝物鳥毛立女?風1世紀ぶりの修理

記事番号:03594
年月:1984年12月

奈良・正倉院の宝物「鳥毛立女?風」が、絵の具の剥落どめのため、ほぼ1世紀ぶりの本格的な修理が行なわれることが決まった。宮内庁は60年春より3年計画で修理に着手した。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top