建造物文化財指定

記事番号:03591
年月:1984年11月

文化財保護審議会(小林行雄会長)は、16日、国の重要文化財として栃木県足利市の鑁阿寺経堂、埼玉県妻沼町の歓喜院聖天堂、山形、山口両県の旧県庁舎と県会議事堂、明治初期の歌舞伎小屋・旧呉服座の5件7棟を新たに指定するよう松永文相に答申した。また、町並み保存地区として、三重県の関町・関宿、山口県の柳井市古市金屋が指定された。これで重文指定の建造物は1976件3189棟、町並み保存地区は21件となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top